1.教育目標

豊かな人間性・豊かな知力・健やかな身体・ことばの力をもつ人間を育成するため、次の教育目標を設定する。

  1. 思いやる
  2. よく考える
  3. 力強く生きる

2.学校評価を踏まえた重点目標

  1. 〈一人ひとりが輝く学校づくり〉自分らしくよりよく生きようとする力を育む教育の充実
     ◆生徒   「毎日の学校生活が楽しい」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90%以上を目指す。
            「烏山中学校が好きである」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90%以上を目指す。
     ◆保護者 「子どもたちは学校生活が楽しいと感じている」の割合・・・・・・・・・・・・・90%以上を目指す。
  2. 〈学ぶ期待のできる学校づくり〉わかる喜びを与えられる確かな学力の定着及び向上
     ◆生徒   「授業の内容はよくわかる」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90%以上を目指す。
            「わかりやすく指導している」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90%以上を目指す。
     ◆保護者 「わかりやすい授業が行われている」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70%以上を目指す。
            「授業を通して子供たちの学力がついている」の割合・・・・・・・・・・・・・・・70%以上を目指す。
  3. 〈感動と活力のある学校づくり〉思いやりの心とよりよい人間関係の在り方を育て豊かな人間性を育成
     ◆生徒  「本校はあいさつをよくする学校である」の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80%以上を目指す。
     ◆保護者 「本校の生徒はよくあいさつをよくする学校である」の割合・・・・・・・・・80%以上を目指す。
     ◆地域  「本校の生徒はよくあいさつをよくする学校である」の割合・・・・・・・・・80%以上を目指す。