1、教育目標

(1)学校の教育目標

 心身ともに健康で、自立した社会人の育成を目指し、次の目標を設定する。

一、自ら考え、向上しようとする人  一、責任感と思いやりのある人  一、健康でねばり強い人

(2)学校の重点目標

  1. 「確かな学力の定着のために、授業を充実させ、基礎学力の向上・定着を図る。そのために、全教育活動を通して「言語活動の充実(ことばの力を高める言語活動)」に力を入れる。
  2. 「より良い集団」を目指し、一人ひとりの人権を尊重する精神を「日常の学校生活」の中で実施させる。特に、「自分の役割を自覚し集団を高めようとする」精神を養う。キャリア教育を推進し、生徒の自立と自分らしさづくりを支援し、生徒自身が、自分がかけがえのない一人の人間として大切にされ、頼りにされていることを実感できるようにする。
  3. 自ら進んで体力の向上と安全の確保を目指すとともに、常に向上心をもち、ものごとを最後までやり抜く力や達成の喜びを感得させる指導を工夫する。

(3)学校の教育目標並びに重点目標を達成するための基本方針

  1. 世田谷区教育要領に基づき、基礎的・基本的な知識・技能を確実に身につけさせる。
  2. 「興味・関心を高める授業」「思考力・判断力・表現力等を育成する授業」「言語活動の充実を目指した授業」「分かる授業」をめざした授業を行う。このことにより、自ら学び、自ら考え行動する力を育成する。
  3. 人権尊重の教育を推進し、あらゆる差別・偏見をなくし、生命の大切さを実感させ、責任感と思いやり等集団の一員としての自覚と主体的な関わり方を身につけさせる。
  4. 「時間」と「ことば」を大切にし、社会性や規範意識をもたせる。また、人間としての生き方についての考え方を深めさせる。
  5. キャリア教育の視点から進路指導の充実を図る。そのため、3年間の継続的な指導を通して自らの意識と責任で自己の生き方、進路を選択することができる力をはぐくむ。
  6. 教師が率先して、生涯のある生徒・特別に配慮を必要とする生徒への理解を深める。それぞれのニーズに応じた教育活動を積極的に推進するとともに、交流活動をより多く取り入れ、共生等の精神を育成する。
  7. 健康や安全への関心を高め、学校内外で心身ともに健康で安全な生活を送る態度を育成する。また、日常の防災意識をもたせ、自信を自ら守る意識と社会へ貢献する態度をもたせる。
  8. 食育を通し、栄養バランスや食文化の大切さ等、基本的な知識や考え方の育成に努め、積極的・継続的に体力の向上を図る態度をもたせる。

2、特別支援学級の教育目標

 保護者との信頼関係のもとに生徒の自立を促し、役割を果たす社会人の育成をめざす。

  • 「個人の特性と能力に応じた教育を行う」
  • 「健康な身体と、豊かな心情を育てる」
  • 「生徒の自立と自己結うよう菅野構築を支援する」