桜丘中学校すまいるルーム(旧さくら学級)

本校で平成23年4月1日に開設された通級指導学級「さくら学級」では、学校生活や学習の一部を在籍校に籍を置いたまま、週に一度曜日を決めて「さくら学級」に通学して指導を受けていました。

平成31年4月より開設された、特別支援教室(すまいるルーム)では、拠点校の教員が生徒の在籍する緑丘中学校、弦巻中学校、用賀中学校、砧中学校を巡回して指導します。生徒は在籍する学校の特別支援教室で指導を受けます。また、拠点校である桜丘中学校の特別支援教室で指導を受けることも可能です。いずれの場合でも指導を受けた日は、在籍校の出席扱いとなります。

今年度もよろしくお願いします。

教育目標

生徒一人ひとりの自己理解、自己受容を促すとともに、学習又は生活上のつまずきを自ら克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養い、学校や社会でよりよく生きていこうとする資質を養う。

・あきらめずに目標に向かって努力する力を育む。

・他者とのかかわりの中でよりよい人間関係を築いていこうとする力を育む。

・情緒の安定を図り、学校や社会で自己の力を可能な限り発揮しようとする意欲を育む。

目標達成のための基本方針

・生徒が安心して自己表現・自己受容できるようになるために、学級の教育活動全体を通して教育相談的関わりを行い、情緒の安定を図る

・生徒の実態を把握し、個別指導計画に基づいた指導を行う

・保護者・在籍校・その他関係諸機関との連携を密にし、目標達成のための環境設定を行う。

・教師との信頼関係を築き、個別学習や自立活動を行う。

・生徒の実態に応じて指導時間、指導内容、指導形態、教具・教材の工夫を行う

指導の重点

・情緒の安定を図るために、通級時の生徒の様子を観察し、必要であれば教育相談の時間を設ける。

・教科と関連付けた個別の学習では、学習における生徒の困難さに寄り添った指導を行うことで、自信や達成感を味あわせ、自ら学ぶ意欲を育てる

・小集団活動では、コミュニケーションの基礎的能力を育てるとともに、体育的活動や作業的活動を行い、調和のとれた人間の育成を目指す。

・学校行事を通して、仲間と楽しい体験を積むことにより、適切な集団行動や集団内での自己の役割を果たす態度を養う