11月13日の給食

(今日の献立)
 ・栗ごはん
 ・すまし汁
 ・ししゃもの天ぷら
 ・じゃがいもの甘辛煮
 ・お浸し
 ・牛乳

 今日は秋を代表する味覚の一つ「栗」を使い、栗ごはんを作りました。
 実は、栗は植物の“種”の部分であるため、発育に必要な栄養分をたくさん含んでおり、とても栄養価が高い食べ物です。旬の栗は甘みが強く、ほくほくしていておいしいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月12日の給食

(今日の献立)
 ・ガーリックトースト
 ・米粉のクリームシチュー
 ・グリーンサラダ
 ・梨
 ・牛乳

 食事への感謝の気持ちは、あいさつやきちんと食べることだけでなく、後片付けの仕方によっても表すことができます。
 ご飯つぶなどの食べ残しが食器についていないようにしたり、テーブルをきれいに拭いたりなど、食べ終わったら食後の片付けをきちんとし、感謝の気持ちを伝えられるといいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月9日の給食

(今日の献立)
 ・カレーうどん
 ・みそポテト
 ・ねぎのサラダ
 ・りんご
 ・牛乳

 「みそポテト」は、埼玉県秩父地方の郷土料理です。古くから子どものおやつとして人気のメニューで、ご飯のおかずやお酒のおつまみとしても親しまれてきたそうです。
 甘辛いみそだれがじゃがいもにしっかりと絡み、子どもたちからも好評でした。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月8日の給食

(今日の献立)
 ・ごはん
 ・かみかみ佃煮
 ・みそ汁
 ・肉じゃが
 ・みかんゼリー
 ・牛乳

 今日は「いい歯の日」です。よくかむことが歯の健康につながることを知っていますか?よくかむと、だ液が出て歯や口の中がきれいになり、さらにあごや歯茎も丈夫になります。ひとくち30回以上かむように心がけましょう。
 食事に歯は必要不可欠、健康に生きる為にも歯を大切にしたいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月7日の給食

(今日の献立)
 ・ココアパン
 ・ヌードルスープ
 ・スペイン風オムレツ
 ・野菜のバジルソテー
 ・梨
 ・牛乳

 今日は「立冬」です。“冬の気配を感じる日”という意味で、暦の上ではこの日から冬となります。
 冬といえば、かぜやノロウイルスが流行する季節です。原因となるウイルスは汚れた手から体内に入るので、食事の前はしっかり手を洗い、予防しましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月6日の給食

(今日の献立)
 ・ぎょうざ風チャーハン
 ・わかめスープ
 ・さばの竜田揚げ
 ・ナムル
 ・牛乳

 お肉もお魚もおいしい「竜田揚げ」ですが、実は竜田揚げの語源は、紅葉の名所である奈良県の“竜田川”だといわれています。揚がったときの色が赤いことからその色を紅葉にたとえ、竜田揚げと名付けたそうです。
 ぜひ紅葉を見ながら、食べてみたいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月5日の給食

(今日の献立)
 ・チーズトースト
 ・ポトフ
 ・白身魚の梨ソース
 ・カリカリベーコンのサラダ
 ・牛乳

 今日の魚は「梨ソース」をかけました。新メニューでしたが、フルーツのほどよい甘味と酸味が揚げた魚によく合い、さっぱりとした味わいでおいしかったです。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月2日の給食

(今日の献立)
 ・ごはん
 ・呉汁
 ・鮭のちゃんちゃん焼き
 ・和風サラダ
 ・柿
 ・牛乳

 「ちゃんちゃん焼き」は、北海道の漁師町で生まれた料理で、今では北海道を代表する郷土料理として知られています。名前の由来は諸説あり、“お父ちゃんが焼いて調理するから”、“鮭を焼くときに鉄板がチャンチャンという音をたてるから”などと言われています。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月1日の給食

(今日の献立)
 ・ホイコーロー丼
 ・春雨スープ
 ・こんにゃくサラダ
 ・みかん
 ・牛乳

 10月から11月にかけて、「新米」が出回ります。給食のお米も新米になりました。
 “米”という漢字をくずして書くと“八十八”と分けて読むこともできることから、お米は「八十八の手間ひまをかけて作られる」といわれています。農家の方々の大変な作業と努力で作られるお米、感謝していただきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月31日の給食

(今日の献立)
 ・フィッシュサンド
 ・かぼちゃのポタージュ
 ・コーンサラダ
 ・ぶどうゼリー
 ・牛乳

 「ハロウィーン」の飾り物として有名な、かぼちゃの中をくりぬいて顔を作った“ジャック・オ・ランタン”を意識して、今日の給食はかぼちゃのポタージュを作りました。きれいな黄色で、ほんのりとした甘みがおいしかったです。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月30日の給食

(今日の献立)
 ・いわしのピリ辛丼
 ・豚汁
 ・江戸菜の和風サラダ
 ・巨峰
 ・牛乳

 「いわし」は、約1300年前の奈良時代には食べられていたといわれ、古くから日本人に親しまれてきた魚です。鮮魚としてだけでなく煮干しや目刺し、ちりめんじゃこなどの加工品にも多く利用されています。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月29日の給食

(今日の献立)
 ・けんちんうどん
 ・豆腐ナゲット
 ・野菜ののり和え
 ・りんご
 ・牛乳

 今日の「けんちんうどん」は、だいこんやごぼう、こんにゃく、鶏肉などを使い、具だくさんに仕上げました。野菜とお肉のだしがよくでていて、体がほっと温まりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月26日の給食

(今日の献立)
 ・ポークカレーライス
 ・手作り福神漬け
 ・白菜とりんごのサラダ
 ・フルーツヨーグルト
 ・牛乳

 今日はこれから旬を迎える白菜とりんごを使ってサラダを作りました。りんごは皮つきのまま使ったので、見た目も華やかに仕上がりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月25日の給食

(今日の献立)
 ・ごはん
 ・みそ汁
 ・小あじのガーリック揚げ
 ・野菜のゆかり和え
 ・じゃがおかか
 ・牛乳

 和食の基本的な献立は、ごはんと汁物に主菜、副菜を加えた「一汁二菜」です。ここにさらに副菜を追加した献立を「一汁三菜」といいます。これらは、栄養バランスがととのった理想的な献立といわれており、給食も毎日意識して作っています。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月24日の給食

(今日の献立)
 ・秋の香りごはん
 ・白玉スープ
 ・鮭の照り焼き
 ・キャベツのお浸し
 ・みかん
 ・牛乳

 「秋の香りごはん」には、栗やさつまいもなど秋が旬の食材をたくさん使いました。秋は食べ物が豊富な季節で、さらに“食欲の秋”ともいうように寒い冬に向けて食欲が強くなる季節でもあります。
 ぜひ秋が旬の食べ物、たくさん味わってみましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月23日の給食

(今日の献立)
 ・わかめとじゃこのごはん
 ・中華スープ
 ・春巻き
 ・野菜のゆずこしょう和え
 ・牛乳

 今日は、二十四節気のひとつ「霜降」です。“秋が一段と深まり、霜が降り始めるころ”という意味だそうです。
 睡眠と運動、そして食事をしっかりとり、寒い季節も元気に乗り切りたいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月22日の給食

(今日の献立)
 ・コロッケパン
 ・ミネストローネ
 ・枝豆サラダ
 ・マスカット
 ・牛乳

 コロッケは、給食室で一から手作りしました。ひとつひとつ形成し、衣をつけて揚げています。じゃがいもがほくほく、衣はサクサクでおいしかったです。ごちそうさまでした。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月19日の給食

(今日の献立)
 ・キムチチャーハン
 ・肉団子入り春雨スープ
 ・こんにゃくサラダ
 ・柿
 ・牛乳

 今日の給食には「柿」を出しました。柿は古くから日本で作られ、秋を代表する果物のひとつです。今日の柿もよく熟していてとても甘く、秋を感じることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月18日の給食

(今日の献立)
 ・麦ごはん
 ・卵とわかめのスープ
 ・麻婆豆腐
 ・りんごゼリー
 ・牛乳

 麻婆豆腐の辛さの特徴は、唐辛子の辛さである「ラー」と山椒のしびれるような辛さの「マー」にあります。給食では、辛味を抑えるために山椒を抜いて作っていますが、いつか本場の味も食べてみたいですね。

画像1 画像1
画像2 画像2

10月17日の給食

(今日の献立)
 ・チーズドッグ
 ・ポークシチュー
 ・グリーンサラダ
 ・巨峰
 ・牛乳

 今日はたくさんの具材を入れてシチューを作りました。大きめに切ったじゃがいもがほくほくして、おいしかったです。体が温まるので、冬に向けてぴったりのメニューですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

学校評価

学校だより

学年だより

各種おしらせ

PTA