手洗い・うがい・咳エチケットの励行をお願いします。

平成21年度 卒業式

 3月25日(木)に平成21年度第77回卒業式を挙行いたしました。
 卒業生24名が校長先生から、この世田谷小学校の思い出とともに卒業証書をいただきました。
 卒業にあたり、自分の思いや今後の夢を語る卒業生たちの立派な姿と、卒業生を支えてくれた4年生・5年生の一生懸命な姿に、ご臨席くださいました多くの皆様にお褒めの言葉をいただきました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成21年度 修了式

 3月24日(水)は、平成21年度の修了式を行いました。
 修了証授与や校歌斉唱など、どの児童も立派な態度で臨んでくれました。特に、2年生・仲よし学級・5年生による児童代表の言葉は、この一年間を振り返るとともに、来年度に向けての思いもしっかりと発表してくれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、赤飯・ローストチキン・ほうれん草とコーンのソテー・フライドポテト・くだものです。
 今日は、今年度の最後の給食となりましたので、リクエストの多いメニューを入れました。卒業・進級などのお祝いにふさわしいメニューだと思います。
 ところで今日は、昨日決まったワシントン条約会議(大西洋の黒まぐろの輸入)のことについてお話します。まぐろは、日本では古くから食べられていて、岩手県など野縄文時代の遺跡からもまぐろの骨が見つかっています。最近まで、保存の技術がなかったために、江戸時代のころは赤身の部分をしょうゆ漬けにしたり、酒粕に漬けたりしていました。その後、冷凍技術が広くとりいれられた1970年代に入り、多く食べられるようになったのです。
 今、世界のまぐろの80%は日本が輸入している現状です。戦後、日本に洋食文化が広まったことにより、黒まぐろのように油の多いトロの部分を好むようになったとも言われています。なによりも、日本人の口に合う美味しい食味であることにはまちがいありません。
 とりあえず、まだ大西洋からのまぐろは輸入することができたようですが、2キロ以下のまぐろは捕獲禁止、輸入禁止となりました。日本の資源を増やすという点から、これまで以上に、魚の近海での養殖や稚魚の成育と放流が進められるといいですね。魚が健康のために良いことは確かなことですので、日本独自でもさまざまな魚資源の豊富化を考えていくことが必要なのではないでしょうか。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1

今日の給食 〜 一口メモ〜

 3月18日(木)の給食は、揚げパン、春雨スープ、アイスクリーム、牛乳で、6年生のリクエスト給食です。
 名古屋では桜の開花が間近とのニュースでしたが、東京でも、桜の開花についての話題が聞かれるようになりました。
 桜に因んで、桜の樹皮は江戸時代には食中毒や胃腸カタルの薬として飲まれていました。
 また、花弁にはクマリンという成分が含まれ、桜湯にして飲むと二日酔いに効果があると言われています。
 現代でも、樹皮から抽出したエキス(ブロチン)には、咳を沈め、痰を除く効果があるので、風邪薬などに配合され、薬品として市販されています。
 また、樹皮には濃いピンクの美しい色素も含まれていて布の染色にも利用されます。
日本には、有名な三大桜があります。
1 岐阜県の「根尾谷淡墨桜」
2 山梨県の北杜市「山高神代桜」…1800年の巨木。
3 福島県の三春町「三春の滝桜」…高さ12メートルからの見事な枝垂れ桜。
 6年生が、巣立つ日も目前ですね。健やかに自分の選んだ道をまっしぐらに進んでいただきたいと思っています。
給食一口メモでした。

画像1 画像1

今年度最後の音楽朝会

 3月18日(木)の朝、今年度、そして6年生は、小学校生活最後の音楽朝会を行いました。
 全校で「ありがとう さようなら」を歌いました。友達や先生方に対する気持ちをそれぞれが考えながら、表現して歌っていました。
 最後に音楽クラブが「浪漫飛行」を演奏してくれました。その演奏を聴きながら、今年度の音楽朝会を締めくくりました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、カレーライス・福神漬け・野菜の甘酢かけ・牛乳です。
 ところで、もうすぐ春分の日、お彼岸が来ますね。皆さんのお家では、「ぼたもち」や「おはぎ」などを召し上がりますか? 東京では、春でも秋でもお彼岸のお供え物を「おはぎ」と言う声を耳にします。先日、和菓子屋さんで、「ぼたもち」は、餅米だけで作って小豆も煮たままの粒のあんで包み、「おはぎ」は、餅米にうるち米を混ぜて作りこしあんで包んだものなので少し違うとの話を聞きました。また、彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じもので、炊いた米を軽くついてまとめ、分厚く餡で包んだ菓子として作られるものという説もあります。これらの名は、彼岸の頃に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来すると言われています。
 春分の日や秋分の日を挟んだ7日間をお彼岸といいますが、お彼岸にはご先祖様の墓参りをする人が多いのですね。本来、彼岸会(ひがんえ)という仏事で、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目(六波羅蜜)を1日に1つずつ修めるということだそうです。別に、もうすぐ本格的に農作業が始まることから、太陽に豊作を祈り感謝するという意味もあるそうです。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1

仲よし学級 進級を祝う会

 3月16日(火)に、仲よし学級が「進級を祝う会」を行いました。
 祝う会のプログラムでは、それぞれの子どもが自分の得意なことを見せてくれたり、好きな歌を聞かせてくれたりしました。また、保護者の皆様も歌とダンスを披露してくれるなど、心のあたたまるとても和やかな楽しい会になりました。
 保護者の皆様や各学年の子ども達など、たくさんの方々からお祝いをしていただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、ソース焼きそば・きゅうりと大根のごま風味・フルーツヨーグルト・牛乳です。
 焼きそばには、蒸し中華麺の他に豚肉、たまねぎ、にんじん、キャベツ、もやし、にら、青のりが入ります。塩、こしょう、トンカツソース、ウスターソース、などで味をきめます。学校で使うたまねぎには北海道のものが多いのですが、一般的には淡路島のたまねぎが有名です。温暖な気候を利用して栽培される淡路島のたまねぎは、糖度が高くて柔らかく香りが良いのが特徴です。通常の4ヶ月の生育に比べ、淡路島では半年かけてじっくり育てるためで、兵庫県の出荷量の95%以上を占めています。サラダや添え物、煮物、など様々料理に使われます。血液サラサラと言う言葉のように、細胞内で酵素を活性化させ、高血圧などを防ぐマグネシュウムも多く含まれます。さらに、たまねぎに含まれる硫化アリルは胃液の分泌を促す機能の他、腸内を殺菌する役割もあります。この成分は熱に弱いので、効果を期待するにはサラダなどの生食が良いでしょう。
給食一口メモでした。

画像1 画像1

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、ごはん・四川豆腐・ナムル・牛乳です。
 3月が旬の食材には、キウィフルーツ、あさり、竹の子、菜の花、タラの芽、ふきのとうなどがありますね。春は、温度の変化に対応できない体の冷えが起きたり、環境の変化からくるストレスなどの体調不良を起こしたりするほか、アレルギーなどの症状もでやすくなります。
 山菜や木の芽には、植物が活動始めるのに必要な良質なたんぱく質、多種多様なビタミン、ミネラルが含まれています。また、山菜や木の芽は苦みをもっていますが、アルカロイドという苦み成分には人の細胞を活性化する作用があります。そんなわけで、山菜や木の芽を食べることで、人の細胞も刺激を受け、冷えが和らぐと言われているのでしょう。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、中華丼・キャベツの塩こんぶかけ・くだもの(はるみオレンジ)・牛乳です。
 駅のスープスタンドでは、今、旬の桜エビ(静岡県の駿河湾産)と柔らかい新キャベツが入ったクリームスープが人気です。隠し味にアンチョビーでしめてある美味しいスープです。学校で使うキャベツ(今日は愛知産)は、献立によって新キャベツ(3〜5月)と冬キャベツ(1〜3月)を使い分けています。炒め物は冬キャベツ、サラダなどは水分の多い新キャベツといった具合です。
 キャベツの種類には、赤キャベツ(紫キャベツと言われるサラダむきのもの)と、芽キャベツ(葉の付け根が、2〜3センチに結球して長い茎に50〜60個の実ができるもの)などもあります。
 キャベツには悪玉コレステロールを減らす作用の他、胃腸障害に効くビタミンUが多く含まれています。ビタミンUとは、胃壁の粘膜を再生したり潰瘍を修復したりすることに役立つ成分として知られています。また、キャベツには脂肪を燃焼するビタミンB1・B2のほか、抗酸化作用のあるビタミンCも豊富に含まれています。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1

特色ある授業「ユニバーサルデザインについて学ぼう」(5年)

 3月11日(木)は、5年生が特色ある学校づくりの一環として、毎年、本校にお出でいただいている内田さんやUDボランティアの方々をゲストティーチャーに招いて「ユニバーサルデザイン」について考える授業をしていただきました。
 内容としては、「ユニバーサルデザインとはどういうものなのか?」ということを考えることから始まり、「自分がその立場になったらどう思うか?」、「障がいのある方も便利に使えるリモコンを作るにはどんな工夫をしたらよいか?」など、昨日の6年生の授業と同様に、大切なことを自分で考え、仲間と話し合い、みんなの意見を聞き合う活動ができ、今後の生活を考えるとても充実した時間を過ごすことができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

たてわり班集会

 3月11日(木)の朝、たてわり班の集会が行われました。各班ごとに1〜5年生のみんなで、1年生は目とまゆ毛、2年生は鼻と口、仲よし学級は耳、3年生は髪の毛、4年生は顔の輪郭、5年生は全体の仕上げというように、卒業していく6年生の似顔絵をリレーしながら描きました。6年生の特徴をとらえようとしっかりと顔を見て描いていました。できあがった似顔絵をみた6年生は、ニッコリとした笑顔でうれしそうな表情を見せていました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、ピザトースト・ヌードルスープ・くだもの・牛乳です。
学校のピザトーストは、厚切りのパンにソースを塗り、ピーマンと炒めた具をのせます。ソースは、油でにんにく、ベーコン、たまねぎ、マシュルームをかるく炒め、トマトピューレ、トマトケチャップ、こしょう、オレガノ、タバスコをいれています。最後に、シュレッドチーズをたくさんかけて、230度C5〜8分で焼きあげます。
 トマソースの中にはトマトがたくさん使われています。トマトの良いところは、時間がたってもビタミCが減らないため保存が可能であることです。トマトにはいくつかの種類があります。
1.普通のトマト。
2.フルーツトマト・・粒は普通のトマトより小さいけれど糖度が高く、サラダに最適。
3.青トマト・・完熟する前の若いトマト 漬け物やピクルスに使われています。
4.マイクロミニトマト・・原種に近い改良品。そのまま付け合わせやソースに使われます。糖度が高く美味しいものです。今風の料理に人気です。
 トマトの酸味であるリンゴ酸などには、胃液の分泌促進し、糖質(炭水化物)の消化を助ける働きがあります。そして、体から余分な塩分を排出して血圧を下げる作用もあります。また、トマトに比べて、ミニトマトは栄養価が高く、ベーターカロテンやビタミンCも2倍以上含まれ、アミノ酸やルチンなどのファイトケミカルも含まれています。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1

特色ある授業「身近な法律を学ぼう」

 3月10日(水)は、6年生が特色ある学校づくりの一環として、第1東京弁護士会より3名の先生をお招きして身近な法律やルールについて考える授業をしていただきました。
 内容としては、私たちの身近にあるルールを振り返り、どうしてそのようなルールが必要となるのかを考えたり、評価する力が身に付けられたりするように検討していくものでした。
 自分で考え、仲間と話し合い、みんなの意見を聞き合う活動ができ、今後の生活を考えるとても充実した時間を過ごすことができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今年度最後の読み聞かせ

 3月10日(水)に、今年度の最終回が行われました。6年生の児童にとっては、最後の読み聞かせでした。さすがに高学年の子ども達は、始まる前から、きちんとした態度で本を読んでくださるお母さん方を出迎え、集中して物語を聞いていました。
 今回で読み聞かせの代表さんと6年生保護者の3名の方が卒業されることになりました。読み聞かせの皆様、子ども達のために、ありがとうございました。また4月からお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、サッポロラーメン・キャベツサラダ・鶏肉のからあげ・チーズケーキ・牛乳です。
 昨日の一口メモにあった食事のバランスガイドをご存知でしょうか。下にあるように、コマのようなイラストの中にいろいろな食品の絵が描いてあるものです。これにより、一日分の食事を表現し、これらの食事のバランスが悪いと倒れてしまうことを表現しています。望ましい食事のとり方やおおよその量をわかりやすく示しているわけですね。
* 1日に主食(ごはん、パン、麺、) 5〜7つ
 朝、もし厚切りのパンを2枚たべたとすると2つとなります。残りは3つ〜5つということになります。
* 1日に副菜(野菜、きのこ、芋類、海藻料理)5〜6種類
 サラダ、煮物、お浸し、味噌汁、酢の物他などが入ります。
* 1日に主菜(肉、魚、卵、大豆料理)3〜5種類
 体をつくるたんぱく質の大切な供給源です。朝、オムレツなどの卵料理を食べた場合は残り2〜4種類を昼食と夕食に振り分けることになります。
* 牛乳、乳製品 カルシウムの補給源 2種類
 牛乳の場合は1日1本程度 
* 果物 ビタミンCとカリウムの補給源 2種類
 このバランスガイドは、あまりむずかしいものではありません目安にしてください。
 給食一口メモでした。

画像1 画像1
画像2 画像2

卒業清掃

 3月9日(火)に、6年生全員で体育館の清掃を行いました。
 世田谷小学校では、この時期になると卒業生が、在校生や教職員のみなさんに、これからもきれいで、ますます使いやすくなるようにと感謝の気持ちをこめて清掃活動を行っています。
 今年は、これまで体育や特別活動などの活動場所として使用してきた体育館を清掃しました。フロアだけではなく、舞台下やホール、ギャラリーなども清掃しました。これまで舞台下など掃除をしたことがなかったため、とてもやりがいのある清掃活動となりました。
 これからも、後輩や周りの方々、そして、自分たちのために様々な活動に取り組んでほしいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日の給食 〜一口メモ〜

 今日の給食は、豆入りひじきごはん・豚汁・焼きししゃも(2尾)・黒蜜寒天・牛乳です。
 給食では、平均して週に3回、ごはんのメニューになっています。日本では、戦後期の栄養指導から、長い間たんぱく質の摂取を重視してきました。その結果、ごはんを減らして肉類を多く摂るような欧米型の食生活が好まれるようになりました。これは、肉類以外にも油脂類を多く含んだ副食や、スナック菓子類などによる脂肪の摂りすぎに繋がり、肥満を招くなどの原因となりました。さらに、生活習慣の変化による運動不足も引き金となっています。
 そんな折、食事のバランスガイドが、2005年に農林水産省と厚生労働省から出されました。かつての日本食の良いところを見直して、ごはんを中心に、不足しがちな野菜やミネラルなどを意識して摂取するように食生活の改善案が出されたのです。そこでは、1日の生活の中で運動を重視して、カロリーは2200キロカロリーで組み立てられています。これを受けて給食では、ばらつきはありますが毎回平均18品目程度の食材を摂取できるように努力しています。
 今は世界的に健康嗜好が高く、ニューヨークやロンドンなどの主要都市でも日本食のレストランは人気があって順番待ちの状態だそうです。米食が見直される時代が、すぐそこに来ているかもしれませんね。給食一口メモでした。

画像1 画像1

登校時ごみ拾い・あいさつ運動

 3月9日(火)〜11日(木)の3日間、地域清掃活動として、「登校時ごみ拾い」を行います。それぞれの通学路にあったごみを拾い、地域をきれいにすることで自分達の住んでいる町を大切にしようという心を育てることをねらいとしています。
 同時にあいさつ運動も行います。今朝は、その初日として、4年生を中心にあいさつ運動を行いました。
 地域や保護者の皆様に、子ども達の様子を見ていただきながら、あいさつのことばをかけ合うことで、気持ちのよい一日のスタートをきりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

4校対抗「ふれあいドッジボール大会」

 3月7日(日)に経堂小学校体育館にて、ドッジボール大会が開催されました。
当日は雨でしたが、たくさんの児童や保護者・地域、教職員が集まって盛大に行われました。
 世田谷小学校は、低学年2チーム・高学年1チームが優勝めざして、がんばりました。もちろん、どの学校も同様で、熱戦が繰り広げられました。
 そのような中、低学年チームが4位、高学年チームが準優勝に輝き、2年ぶりに表彰状をいただきました。
 これまでの準備や当日の引率・応援等、本当にありがとうございました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事
4/6
(火)
始業式 入学式

学校評価

年間指導計画

評価計画