未来に羽ばたく生徒たちの活躍の様子をご覧ください。

今日のフナキボ

画像1 画像1
卒業式の翌日。誰もいない静まり返った昇降口に昨日の壇上に飾られた花束とお祝いのメッセージを貼ったボードがあります。昨日届けられたメッセージの中に、本来であれば式次第[来賓祝辞]の中で卒業生へ向けてお話いただく予定であったPTA会長のお祝いの言葉を掲載します。

… … … … … … …… … … … … … …

8期生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 並びにお子さまの晴れの日を迎えられました保護者の皆様にもPTAを代表いたしまして、心からお祝い申し上げます。

 3年前、真新しい制服に身を包み、緊張と不安と希望に胸を膨らませながら中学校の正門をくぐった皆さん。はじめての友だち、はじめての定期テスト、はじめての部活動…日々はじめての連続に戸惑っていた皆さんでしたが、ふなきぼの先生方に出会い、学ぶことの楽しさに気づき、大きく変化していきました。例えば、運動会では闘志あふれる姿や最後まで諦めない姿を見せてくれ、学芸発表会では聴く人全ての心に届く歌声を体育館中に響かせてくれました。

 私たち保護者は、幾度となく成長を見守る喜びを味わい、我が子がこの学校でこの仲間と共に学び過ごすことができたことに何度感謝したことでしょう。

 また、成長の日々には、楽しかった記憶だけではなく、時に友だちと意見をぶつけ合うこと、悔し涙を流したこと、不安や焦りを感じたこともあったと思います。そんな日々を乗り越えてこられたのは、支えてくれた先生方、仲間、ご家族がいたからではないでしょうか。自分のためだけでなく、仲間のために頑張れる、当たり前のことをいつも全力で取組む8期生を、私はとても誇りに感じています。

 この『ふなきぼプライド』は、皆さんの背中を追いかけてきた9期生、10期生にしっかり引き継がれていくことと信じています。

 今日まで、深い愛情をもってご指導くださった校長先生をはじめとする教職員の皆さま、どんな時も生徒と保護者の気持ちに寄り添い、迷い過ごす日々を明るく照らし、励まし続けてくださったことに深くお礼申し上げます。

 並びに地域の皆さまには、15年という長きにわたり、子どもたちの成長を共に見守り支えてくださりありがとうございました。

 この度は学校の休校、また卒業式も例年とは違う形で行うことが決まり、多くの人が楽しみにしていた8期生の全体合唱「大地讃頌」と「正解」を聴くことはできなくなりました。保護者としても大変残念で悔しいで気持ちでおりましたが、学校に通えない3週間を過ごしたことで、子どもたちがこのふなきぼで仲間や先生と過ごした何気ない日々がどれほどありがたく、大切なことかに気づくことができました。

 最後まで「最高の卒業式を!」の合言葉のもと、心を込めて卒業式の準備をしてくださいました教職員の皆さまに心より感謝申し上げます。

 これからそれぞれの未来に向かって歩みだす皆さんが、毎日を笑顔で迎えられ、新しい友人や先生方との出会いにより更なる成長をされることを願っております。

船橋希望学舎 世田谷区立船橋希望中学校 
PTA会長 宮内倫子

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30