『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

授業!! part4

画像1 画像1
画像2 画像2
各教科担任も
この日のために
計画を見直したり、
新たな教材を用意したり、
入念に準備してきました。

焦らず、ゆったりと
着実に進めていきたいと思っています。

授業!! part3

2年生も本格的に
授業が始まりました。

各クラスとも
集中力はさすがです。

積極的な発言も見られました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

下校風景

画像1 画像1
午前中の授業が終わりました。
下校中の生徒に声をかけてみました。
「どうだった?」

生徒たちからは
「楽しかったです」
「ちょっと疲れました」という声が。

「先生も気をつけてください」
気遣いしてくれる言葉に
グッとくるものがありました。

これから午後の部です。
画像2 画像2

2年生始業式

2年生もスタートしました。
放送による始業式の後、
今日は学活や授業が行われます。

始業式に臨む態度、
砧中を支える2年生として
本当に素晴らしいものでした。

期待しています、2年生!!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

進路説明動画を配信しました

画像1 画像1
午前中にお知らせしていました「進路説明動画」を配信しました。3年生に昨日配布した「進路だより」を参照にご覧ください。なお、1・2年生については、ホームページ上の「最新の配布文書」に「進路だより」を掲載していますので、ご確認ください。

レクを楽しむ

画像1 画像1
画像2 画像2
I組は3時間目はボッチャで、レクリエーションを行なっています。

心の距離は近づきましたか!?


検校幸雄

進路説明動画を配信します

画像1 画像1
例年6月に開催されている「第1回進路説明会」。今年度は動画で配信することとしました。3年生は昨日「進路だより」を配布しました。それを踏まえて進路説明動画を本日中に配信いたします。入試の出題範囲など、まだ不透明な点もありますが、これから進路決定までの流れについて紹介しています。

動画の内容は3年生を対象としていますが、1・2年生についても、今後のためにご覧いただけるよう配信いたします。

ちょっと緊張感のある

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1年生の分散登校。
学活もまだ慣れないため
教室内にはちょっと緊張感が。
少しずつ雰囲気に慣れていきましょう。

今後、ホームページでの写真掲載のため、
許諾のアンケートも予定しています。
その上で、1年生の活発な様子も
どんどんご紹介できればと思っています。

今日は1年生、I組の出番です。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6月2日。

今日は1年生とI組の登校日となりました。

教職員も、全校体制です。

また、I組は、体育館で始業式を実施しました。

少し緊張した様子も見られましたが、学校が始まることに対する期待も感じられました!


検校幸雄

3年生の分散登校日

画像1 画像1
3年生の分散登校へのご協力ありがとうございます。検温の確認、手指消毒、放送による始業式に続いて、学活では、自己紹介や進路の話、感染症予防についての注意点など確認して、授業がスタートしました。やっと始まりました。健康管理をしつつ、感染リスクを可能な限り低減し、段階的に教育活動が再開できるよう努めます。学校で一緒に学ぶことが、この上なく大切な時間であると、あらためて感じた分散登校日一日目でした。

福島 淳子

1学期 始業式

放送による始業式を行いました。

着任職員紹介の時には、3年生の皆さんは今日配られたPTA広報「砧の音」教職員紹介特別号を見ながら、放送を聞いていました。

写真は、放送室で話す校長先生と生活指導主任、始業式の様子を廊下で見守る2年生の教員です。

始業式ができると、いよいよ新年度が始まったという気持ちになります。

副校長 廣田 桂子
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業!! part2

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
午後も3校時が教科の授業です。
まだ話し合い活動は行えませんが、
積極的に発言するなど前向きな姿勢です。

令和2年度のスタートです。

午後の部 始まります

これから午後の部です。
雨はまだ降り続いていますが、
午後の生徒たちも笑顔で登校してくれました。

まもなく午後の部の始業式です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業!! part1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
始まりました!
授業です!!

どうしてでしょう?
なぜか目頭が熱くなりました。

ほけんだより6月号

みなさん体調はどうですか?
湿度が高くムシムシする時期ですが
元気に生活していきましょう。
今月のほけんだよりには
身体計測の日程などを掲載しています。
日程や持ち物等を確認して受けるようにしてください。

ほけんだより6月号

保健室
画像1 画像1

手探りのスタートですが

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
いよいよ始まりました。

万全の再開体制を整えたとはいえ、全てが初めてのことばかり。今日は1・2学年やI組の教員もサポートに入り、問題があれば一つひとつ丁寧に解決を図っています。

生徒たちの笑顔が、教職員の何よりの励みでもあります。

分散登校初日の朝

画像1 画像1
あいにくの雨模様。
それでもすでに生徒の姿が。
今日が待ち遠しかったという声も。
まずは3年生からのスタートです。

逸る気持ちもあると思いますが
『焦らず、ゆったりと』ですね。

『富岳の眺め』No.124 公開しました

画像1 画像1
No.124【未来を生きる】
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』から、これから始まる新しい日常について考えてみました。
左欄「カテゴリ」から「校長室より」を選んでください。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.124

No.124【未来を生きる】

1970年 大阪万博での思い出。

来場者でごった返す万博会場で
8歳の私は迷子になった。
不安と恐怖が私を押しつぶす。
その時、人混みをかき分け
父が駆け寄って来た。
私と目が合う。
怒られるのかと身構える私に
その眼差しは優しく微笑んでいた。

大阪万博の思い出は
今は亡き父との思い出でもある。

🚸

「クレヨンしんちゃん」に涙したのも
そんな遠い日の思い出のせいだろう。
映画『オトナ帝国の逆襲』(2001年)。

ある日突然、秘密組織によって
春日部に住む大人たちが操られ、
心が子供の頃に戻ってしまう。
大人たちは家族や仕事を忘れ、
子供の遊びに熱中する。
しんちゃんをはじめ子供たちは
大人たちを思い出の世界から
現実の世界に引き戻すために
秘密組織との戦いに挑むのだ。

しんちゃんの父、ひろし もまた
子供時代の思い出にとらわれている。
幼き頃の懐かしい匂いに心を奪われ、
大阪万博をイメージした
「20世紀博」へと入り浸(びた)る。
家族と訪れた懐かしいあの場所。
そう、過去は常に美化されている。

そんな父を我に返らせようと
しんちゃんは父の靴を脱がして
その臭いをかがせるのだ。
父がこれまで歩んできた道のり。
来る日も来る日も
家族のために仕事で歩き回り
残業で夜遅く帰宅した後の
靴の臭いに自分を取り戻していく。
その回想シーンに
父ひろしと同世代の私の目も潤む。

👟👟

過ぎ去った日々は決して戻らない。
二度と戻らない日々だからこそ
私たちはつい、すがろうとしてしまう。
社会が変わろうとしている今もまた
「あの頃は良かった」と
過去を振り返り、戻りたくなる。
それでも私たちは
今を、そして未来を
生きていくしかないのだ。

映画の中で
父ひろしが最後に叫ぶ。
「俺は家族と一緒に未来を生きる」と。

今を、そして未来を懸命に生きてこそ
思い出は遠く離れた記憶の彼方から
私たちをそっと見守っていてくれる。

懐かしさとはもしかしたら
そんな遠い過去からの
優しい眼差しなのかもしれない。

焦らず、ゆったりと

画像1 画像1
分散登校が月曜日からスタートします。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、決して予断を許さない状況であることは変わりません。保護者の皆様のお気持ちとしても、学校再開の安堵と感染拡大の不安が入り交じった複雑な思いではないかと拝察しております。

砧中では、国や都、区のガイドラインに則って、万全な感染予防体制を整えています。しかし、その際に最も懸念している点をご家庭と共有できればと考え、この記事を掲載しました。

🏫

それは、ガイドラインに記載されている対策を全て生徒に守らせることが目的化した場合、生徒たちが常時緊張感を強いられ、生活の場としての学校が、居心地の悪い場になる可能性があるということです。昨日、教職員でガイドラインに沿った一日の流れをシミュレーションしましたが、全ての内容を意識して徹底しようとすれば、大人にとっても日常が圧迫されるような感覚に陥ります。ましてや、長い休校期間が明けた直後の生徒の気持ちを考えると、その緊張は計り知れません。せっかく学校が再開しても、しばらくすると日常の窮屈さから、登校に後ろ向きな気持ちが生じることも十分予想されます。

そのため砧中では、ガイドラインを把握した上で、生徒への声かけが一方的な指導にならないよう、配慮することを確認しました。生徒の立場からすると、親しい友だちと距離が近くなり、つい会話が弾むということは十分起こり得ます。しかし、そこに教職員が厳しい目を光らせてしまうと、まさに監視を前提とした学校生活となってしまいます。細部にわたるガイドラインは、学校生活の実情とは相容れない箇所もたくさんあります。私たち教育現場に携わる者は、疫学としてのガイドラインと、心理学としての生徒支援を常に両立させなければならないと考えています。

📔

学習面での遅れについても同じことが言えます。夏休み短縮など時間数確保が話題になりがちですが、先週記載した通り、学習内容を終わらせることが目的化してしまうと、結果的には十分理解ができていなくても、授業を先に進めるといった事態が生じる可能性があります。

3年生においては、6月中旬に高校入試の出題範囲について都から方針が示される予定です。その方針を踏まえて、学習の順序を入れ替えたり、時間配分に軽重をつけるなど、再度授業計画を見直します。また1・2年生については、2〜3年計画で授業計画を再編成して、じっくりと学べる体制を整える予定です。

また、動画配信や双方向型のオンライン授業構築についても、継続してまいります。


マスク着用が常態化し、お互いの表情もわからないまま、人と人がコミュニケーションを図ることは、感染予防という点からは短期的には必要ではあっても、長期的にはコミュニケーション不全が起きるのでは、という精神医学の見地からの指摘もあります。教育現場は、常にあらゆる学問の知見を総動員して、子どもたちの健全な育成を目指していかなければなりません。

砧中では学校再開後も、短期的な取り組みと中長期的な視野を併せ持ちながら、ご家庭の意向も尊重させていただき、生徒にとって何が最大の利益かという原点に常に立ち返りながら、来週からの教育活動を進めてまいります。


月曜日からのキーワードは
「焦らず、ゆったりと」です。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

学校だより

学年だより

動画配信

おしらせ

PTAだより

給食献立

保健

進路だより