『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

次は砧中で

画像1 画像1
山野小学校避難所運営訓練。

いざという時に一人一人が自ら考えて
より適切な行動をとることが必要です。

阪神淡路大震災以降、
指示待ちのボランティアではなく、
主体性のあるボランティアが求められています。

12月には延期となった砧中での
避難所運営訓練が実施されます。
自ら考え、自ら行動する、
そんな活動になればと願っています。

生徒のみなさん、
ご協力ありがとうございました。

地域の担い手として

画像1 画像1
山野小学校避難所運営訓練。

砧中の生徒は
ボランティアとして、
そしてレスキュー隊派遣として、
8名が参加・協力しています。

レスキュー隊メンバーは
学校の中での活動ではなく、
地域の高齢者の方々の
居場所確認のために
外での活動に従事しています。
画像2 画像2

『富岳の眺め』No.97 公開しました

画像1 画像1
ナスカの地上絵、
そしてネッシー・・・
夢とロマンを追い求める
遠い日の思い出。

左欄「カテゴリ」から「校長室より」を選んでください。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.97

〜 ナスカ地上絵、新たに143点発見 〜

数日前の新聞でこのニュースを知った。
山形大学の研究チームが
史上初めて人工知能(AI)を使い
地上絵を新たに発見したという。

【ナスカ地上絵】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
南米ペルーのナスカ高原。
今から数千年前の人々が
100メートルにも及ぶ
幾何学模様や動植物の巨大な絵を
地表に描いているのだ。

20世紀初頭に発見され
航空機が無かった数千年前、
何の目的でどうやって描いたのか
世界の謎とされてきた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

🇵🇪

私が中学生の時、
この地上絵に関して
クラスを二分する論争が巻き起こった。

科学的可能説と宇宙人説。
科学的可能説のリーダーは
理科大好き少年A君。
そして、宇宙人説のリーダーは・・
私である。

当時の技術で巨大な絵を描くのは不可能、
それも空からしか見えないような絵となれば
宇宙人の地球着陸の目印でしかないという私。

不思議なことがあれば宇宙人のせいにする、
その短絡的な思考が科学の冒涜(ぼうとく)であり
杭(くい)と縄(なわ)があれば描けるというA君。

A君は鉛筆と紐(ひも)を使い、
地上絵の描き方を一生懸命私に説明した。
宇宙人説に固執している私のグループは
そんな説明には全く興味を示さない。

「夢とロマンが無いんだよ」と批判する私。
「科学こそ夢とロマンだ」と反論するA君。

「じゃあ聞くけど、ネッシーも否定するわけ?」
私はA君に対して別の話題で攻める。

「あの写真もきっと捏造(ねつぞう)だよ」
ネッシー存在説を全面的に否定するA君。

【ネッシー】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イギリス スコットランドの
ネス湖に生息していると言われる首長竜。
当時、恐竜の生き残りではないかと
湖から長い首を出した写真が話題となっていた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

A君グループは少数派。
それに比べて私のグループは大人数で
数の上では圧倒的に有利だった。
その多数派の安心感からか
私はお堅い主張を繰り返すA君グループに
ムー大陸から雪男伝説まで
世界の超常現象について語り続けていた。


45年経った今。
振り返ってみると
当時のA君の主張が
ことごとく当たっていたことになる。

ネッシーの写真はその後、
撮影者自身が捏造であることを認めている。
そして最新のDNA調査により
巨大なウナギ説が有力となったのだ。

ナスカの地上絵の描き方は
当時A君が説明した通り
「拡大法」という手法で
今では小学校の算数の授業でも実践されている。

私の夢とロマンは
科学の夢とロマンに完敗した……かに見えた。

👽

今年のノーベル物理学賞。
受賞したスイスの研究者は
不可能と言われた
太陽系外の惑星発見に成功した。

この惑星発見により
地球以外の星に生命体が存在しているという
科学的成果への期待が急速に高まってきた。


半世紀前のクラスでの大論争。
改めて思い返してみると
A君も私も
「好奇心」旺盛だったことは共通していた。
「科学」と「空想」という
名前は異なる「好奇心」ではあったが。


「科学も宇宙人も夢とロマンだね」
私はタイムスリップして
半世紀前のA君と握手したい気持ちになった。

期末考査に関するお詫び

画像1 画像1
21日(木)に実施した2学期末考査につきまして
印刷されていない試験問題が
一部配布されるという状況がありました。

試験時間には影響がないよう対応いたしましたが、
受験前の生徒に不安を与えることとなりました。

試験問題につきましては
細心の注意を払ってチェックしておりましたが、
まだ十分ではないことが今回明らかとなりました。

今回は配布時での監督者最終チェックで印刷不備が判明し、
予備の問題と急遽差し替えるという対応となりました。

今後は
印刷時での確認、
封入前での確認など
事前チェック体制を再度見直し強化して
再発を防止したいと考えています。

ご報告とともに
お詫び申し上げます。

17:45間もなく最終下校

画像1 画像1
校内に残っている部活動が
まだいくつかありますが
間もなく下校時間となります。

雨が降り続いています。
気をつけて帰宅してくださいね。

一週間、お疲れ様でした。
画像2 画像2

15:00部活動再開

残念ながら外は雨。
校庭の部活動は肩透かしとなりました。
屋内で活動できる部は今日から活動再開です。

気温も急激に下がりました。
まずはアップをしっかりと行い、
ケガの予防に努めましょう。
画像1 画像1

期末考査最終日は豚キムチ丼です

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日は期末考査最終日です。
生徒の皆さんは試験が終わった解放感と、
問題のどこができてどこができなかったかが気になって
給食を味わうどころではないと思います。
ですので、今回は食べやすい丼ぶりメニューにしました。
いつもより10分給食時間が早まるので、
給食室もそれに合わせて少しスピードアップで作りました。

(上)大量の湯気の中、豚キムチを炒める調理スタッフ。
(中)別アングル。
(下)野菜洗浄のシンクを泡一杯丁寧に洗浄しています。

栄養士 井上麻伊

12:35給食です

画像1 画像1
期末考査、お疲れ様でした。
待ちに待った給食の時間です。

BGMは1990年代のヒットソングから
Le Coupleの『ひだまりの詩』。

みんな、この歌知ってる?

AM11:40ラストスパート

画像1 画像1
画像2 画像2
いよいよ9教科め
社会科の試験が行われています。
ここまで長い道のりでした。
もう少しです。

焦らず、じっくりと。

12:05終了予定です。

AM9:00まで

朝学活終了後
約20分間の自習時間が設定されています。
まさに最終確認の時間です。

もう一度教科書を読み直す生徒。
せっせと問題を解く生徒。
精神集中のためか空(くう)を見つめる生徒。
思い思いの時間です。

間もなく考査問題が配布されます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

AM7:35

画像1 画像1
期末考査最終日となりました。
朝から雲に覆われた空、
時々ポツリポツリと雨が。

三日間にわたる期末考査、
やっとここまで、漕ぎ着けました。
もうあと一踏ん張りですね。

今日は二日ぶりの給食があります。
「豚キムチ丼」ですよ!!

放課後からは部活動も再開です。
午後からの雨がうらめしいですが。
画像2 画像2

小学生、砧中を紹介!

画像1 画像1
明正小学校 2年生生活科

先日砧中探検をした2年生が
本日地域の方々を招いて発表会を開きました。
砧中の紹介コーナーもあるということで
ご招待いただき、校長が参加しました。

砧中をしっかりと調べていて、
体育館やランチルームなども
模型を使って説明をしていました。

また砧中の合唱コンクールの素晴らしさを
『ぼくらの世界』の合唱で再現してくれました。

2年生全学級を回り、
質問コーナーにも飛び入り参加しました。

Q「砧中の校長先生の年齢はいくつでしょう?」

参観された保護者・地域の皆様、
A「48歳」で多くの方が手を挙げていただき
心より御礼を申し上げます。

しかし、児童たちからは
「ブー、不正解です」

そんなに思いっきりブーって言わなくても・・(苦笑)
画像2 画像2

お昼は大丈夫?

12時45分
ほとんどの生徒が下校しましたが、
まだ明日の復習のために残っている生徒が。

「先生が会議中なので戻るのを待ってます」

明日の質問をしたいそうです。

お昼ごはんもまだのようですので、
とりあえず先生の会議が早く終わるよう
働きかけをすることにしました。
画像1 画像1

残すところ1日

今日もお疲れ様でした。
少し先が見えてきましたね。
後一日です。

気をつけて。
さようなら。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今日からです

I組は今日から期末考査。
昨日の調理実習の盛り上がりから一転、
今日は緊張感の中、問題に向き合っていました。

何度もため息をつく生徒も・・・
難しい問題なのかもしれませんが、
あきらめずに、よく問題文を読みましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

リスニングテストの裏側で

画像1 画像1
英語は恒例のリスニングテストから。

実は英語科の教員にとっては
放送状況に不備がないよう、
細心の注意が求められるものなのです。

万が一、当日に機器が故障したら、
停電になったら、
近くから大きな音がしたら、
とにかく無事に終わるまで
安心できません。

教室での音量確認など
試験中、校舎内を走り回っています。
画像2 画像2

問題作成者が

試験の途中で問題作成者が
各教室を巡回します。
問題のわかりづらい箇所がないかどうか、
生徒からの質問の機会もあります。

本番の入試ではこういった場面はありません。
学校での定期考査では試験中の生徒を観察することで、
問題作成者は次の問題づくりの参考とします。

例えば生徒がどの問題から取り組んでいるのか、
また時間配分は適切であったか、などです。

どちらにしても生徒からすると
巡回してくれることは
安心にはなると思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第2日スタート

冷え込みがさらに厳しくなりました。
期末考査第2日です。

登校してくる生徒たちも寒そうです。
「テストやだなぁ〜」
「眠い!」
「頑張ります!」
様々な声かけをしてくれる生徒たち。

さて、間もなく開始です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

先生たちもやって来た

「まちかど美術館」

今日の午後は先生たちも見学に。


福島淳子
画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
行事予定
11/29
(金)
合同マラソン大会(I組)