『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

『富岳の眺め』No.94 余録

『男はつらいよ』の魅力の一つが
毎回、寅さんが惚れてはふられる
女性たち(マドンナ)である。

昭和を彩(いろど)った女優たちの名演。
その美しさに、立ち居振舞いに、
映画の中の寅さんと同じように
見とれてしまった観客も多いことだろう。

先日亡くなられた八千草薫さんもその一人。
私が見る限りでは
映画の中で八千草薫さん演じる千代は
明らかに寅さんに恋慕を抱いている。

それなのに全く気づかない寅さん。
そのもどかしさに
観客も「何やってんだ」とイライラする。

いや、もしかしたら寅さんは
気づいているのかもしれない。
それでも一歩を踏み出せない不器用さ。
それが寅さんなのだと改めて思う。


👘


現在NHK総合で土曜夜に放送中の
ドラマ『少年寅次郎』。
そう、寅さんの少年時代を描いた
『男はつらいよ』エピソード0である。

実は『男はつらいよ』の世界観が壊されるのではと
放送前、私は観ることをためらっていた。
第1話だけ観て、
今一つだったら、それ以降観るのはやめよう、
そんな軽い気持ちで見始めたのだ。

そして今、完全に虜(とりこ)になってしまった。

『男はつらいよ』全49作品との見事な調和。
特に育ての母親役を演じる
井上真央さんの演技に涙腺が緩みっぱなしである。

成人した寅さんがその後出会うマドンナたち。
その原点は育ての母親にあったのではと思わせる。
昭和の大女優たちの魅力を
見事に体現した井上真央さんの演技に
令和の女優への期待が高まる私なのである。

※『富岳の眺め』No.45(2018年12月1日up)でも
『男はつらいよ』を取り上げています。
左欄「過去の記事」から「2018年度」を、
そして「12月」を選んでください。

『富岳の眺め』No.83 余録

映画の中でこんなシーンがある。

甲子園のグラウンドに立った嘉義の選手たち。
彼らは甲子園の土の良質さに驚く。
地元の嘉南地方の土地は水に恵まれていない。
農林学校の選手たちだからこそ
農民たちの苦労を知っているのだ。

ここに一人の日本人が登場する。

八田 與一(はった よいち)。
土木技師。

彼が中心となって10年の歳月をかけ
嘉南の地にダムを建設し
灌漑(かんがい)施設を整備していく。

飲み水にも事欠く状況だった嘉南の地。
荒れ地の農作業に多大な苦労を強いられてきた。
ダムが完成し、水路に水が流れる。
農民たちは歓喜と感謝の声で八田を称える。
この灌漑施設の完成は
嘉義農林の甲子園出場前年の1930年だった。

今、嘉南の地は台湾でも有数の
穀倉地帯となっている。

映画ラストの監督の言葉には
そんな意味も込められているのだ。


灌漑施設の中心である烏山頭ダム、
地元では今も八田ダムと呼ばれている。

『富岳の眺め』No.79 余録

『横道世之介』

2013年には
高良健吾と吉高由里子主演で
映画化もされている。

世之介役を高良健吾、
そして恋人の祥子役を吉高由里子。
この二人しかいないと思えるほど
小説のイメージにぴったりの演技。

映画のラストシーンの二人が
とてもいとおしくて、
とてもせつなくて
また会いたい、と思ってしまう。

そんな思いが通じたのか
2019年、待ち望んだ小説の続編が出版された。

『続 横道世之介』

そして、続編の映画化を心待ちにしているのは
この小説をこよなく愛する私である。

『富岳の眺め』No.78 余録

2015年日本で公開された映画
『イミテーション・ゲーム/
  エニグマと天才数学者の秘密』。
その中でアラン・チューリングの生涯が
悲しくもまた感動的に描かれている。

この作品は2015年アカデミー賞で脚色賞を受賞した。

脚色を担当したグレアム・ムーア。
彼は受賞後のスピーチで
チューリングの功績を例にこう話した。

 〜 Stay Weird , Stay Different 〜

「自分はどこにも馴染めないと思っている人たちへ。
 君たちにはちゃんと居場所があるのです。
 君たちはそのままでいいんですよ。」

彼のメッセージはチューリングを称えるとともに
多くの孤立して悩む人たちを励ました。

私は個人的には
2015年公開の映画の中で
この映画をベストムービーに推している。

『富岳の眺め』No.73 余録

当時、社会科の授業で
BGMとして使っていた曲は・・・

日本地理の授業では
NHK番組『新日本紀行』のテーマ曲。

世界の歴史の授業では
加古隆作曲の『パリは燃えているか』。

公民の授業で世界の貧困問題を扱う時は
『We are the world』等々でした。

『遥かなる夢に』も合わせて
動画サイトでも視聴できます。
ぜひ一度聴いてみてください。

「平成」に思いを寄せて

7日間で閉じた昭和64年。
1月8日から元号が「平成」となった。

3年生を学級担任していた当時、
冬休み明けの教室で生徒がこんな事を言った。
「貴族の時代に戻ったみたい」
「平安時代」をイメージしたのかもしれない。

今のような準備期間もないまま
その日から職員室では入試関係資料の元号を
平成元年に改める作業に追われることになった。

当時の生徒たちに話したことを憶えている。
「君たちが平成で最初の卒業生になるんだよ」
それでも多くの生徒がこう答えていた。
「昭和のままで卒業したい」
それほど「昭和」に慣れていたからであろう。

当時の私も生徒たちも
その後「平成」が31年まで続き、
ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊し、
ベルリンの壁が無くなることを
誰一人想像していなかった。
ネットを通じてあらゆる情報にアクセスでき、
店に行かなくても何でも買えるようになり、
スマホでいつでも世界とつながれることを
誰一人想像していなかった。

今、その生徒たちが社会の中心として
内外で活躍している。
まさに「平成」を支えた世代として。

今春、砧中学校を卒業していった生徒たち
そして今、在校している生徒たちが
次の時代を確実に担(にな)っていく。
「令和」を支える世代として。

「平成」に元号が変わったあの日、
私は職員室の隣に座る先輩教員に問いかけた。
「生徒の合格祈願に行ってもいいでしょうか?」
当時、世の中には自粛ムードが広がっていた。
先輩教員はこう答えてくれた。

「生徒のためにやれることは全てやる、
 それが教師だよ」と。

あの日40人ほどいた職員室、
今も現役でいるのは私を含めて3人だけである。
「全てやる」と答えてくれた先輩教員も
10年以上前に旅立たれた。

現在の砧中学校の職員室、
平成生まれの教職員がさらに増え、
その世代が今後の砧中学校を担おうとしている。

平成が終わろうとしている今朝、
ふと「バトンリレー」という言葉が脳裏に浮かんだ。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
12/11
(水)
教育相談、進路面談終