6年生のページ

6年生のページです。6年生に関係する「学校日記」と「最新の学年だより」がご覧いただけます。

最新の学年だより

1/15 仮名 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、国語で「仮名」の学習をしていました。

昔の人たちは、中国から伝わった漢字を使って文字の表記をしていました。そこから形を変えて生まれたのが、「平仮名」「片仮名」です。

今日は、何でもない文章を仮名で表現していました。

「加和仁波 呂宇婆賀 於利末之太。」

読めるでしょうか。こうすると、何でもない文章が妙に面白くなるのはなぜでしょう。学校だよりを仮名で書いてみる・・・だめですね。

自分の名前を仮名で表現するのも面白いです。

1/14 速い! 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
今日は、6年生も書き初めです。

1・2時間目に予定が入っていたので、1時間目の終わり頃教室に向かうと、ほとんどの子がすでに作品を作り終えていました。速い!さすが6年生です。ギリギリで、何人かの様子を写真におさめることができました。

「平和な春」

まだ、平和な春は訪れていませんが、文字に願いを込めて・・・

1/13 電気に目を向ける 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、理科「電気と私たちの生活」の学習をしていました。今日は、電流の強さや向きを調べる実験の準備です。

この単元では、手回し発電機を使って電気をつくったり、ためたりする実験も行っていきます。また、発光ダイオード(LED)と電球の電流の消費量を比べるなど、エコの観点からも大切な学習です。日常の電気製品や電気のはたらきに目を向けるきっかけにしてほしいと思います。

今日は、6年生の計測の日でした。計測前に、保健指導があります。今日は、「睡眠」について養護教諭から話がありました。「人間はなぜ眠るのか」・・・

1/12 卒業文集 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生は、卒業文集を書いていました。

下書きを直したものを、もう一度書いています。こうして何度か文章を整えながら書いていき、清書に向かいます。

文章、言葉、漢字・・・卒業文集は、ある意味小学校の国語の学習の集大成でもあります。生涯の記念に残るいい文集にしてほしいと思います。

よいお年を!

記事画像1 記事画像2 記事画像3
いつも松沢小学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

この週末、2学期を振り返りつつ、パラパラと前のページをたどっていたんですが・・・面白い!(自画自賛)

ざっと数えてみると、全部で1150件(2学期9月〜)ほどの記事があがっていました。こういうものは、後でまとめてみると改めて面白く、こんなことがあったな、とか、そういえばこうだった、とか、そのときのことを思い出しながら楽しめます。冬休み中、お時間がありましたら、ぜひ「プレイバック松沢小学校2020」をお楽しみください。トップページの「各学年・学級のページへGO!」からなら、学年等カテゴリごとにご覧いただけます(今年度分のみ)。

ちなみに、「学校日記」のページからは、過去の年度の分もご覧いただけます。ページの左側に「過去の記事」として、今年度の月ごとの下に、年度ごとのまとめがあります。そちらも、ぜひご覧ください。


2学期最後の写真は、夜の松沢小学校(12/25撮影)です。普段あまり見ることのない、そして、まずホームページに載せることのない姿かもしれません。

これで松沢小学校ホームページ2学期の更新は終了となります。新年は4日からの更新を予定しております。来年も学校の様子をたくさんお伝えしていければと思います。


繰り返しのご案内になりますが、学校は、明日から1月3日までは、職員が出勤しません。この期間は電話もつながりませんので、新型コロナウイルス感染症に関わるご連絡につきましては、以下に記載されている相談窓口にご連絡ください。その他、お急ぎでないものは、1月4日以降にご連絡ください。
https://school.setagaya.ed.jp/weblog/files/mawa...


それでは、皆様よい年末年始をお過ごしください。
ありがとうございました。

12/24 Who am I? 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の外国語の授業です。

今日は、Who am I? の表現を使って、ヒントを出して、その人物を当てる活動をしていました。

まずは、グループで発表をして、全体発表もしていました。準備で単語を教えてもらって、いろいろな表現を使ってヒントを出していました。答える方も、たくさんのヒントの中から、聞き取れる単語や表現を聞き取って、上手に答えを出していました。

明日、通知表「のびゆく松沢の子」が渡されますが、今年度から外国語の教科化に伴い、5・6年生の外国語の評価は、これまでの所見による評価から、数値による評価に変更になっています。ご確認ください。

12/23 洗濯 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、家庭科で洗濯の学習をしていました。

たらいを使って、靴下や体育着の紅白帽子を洗濯しています。

汚れの種類や汚れやすい場所について学び、実践します。洗剤もできるだけ少なくしてエコにも気を配ります。

家庭科室はお湯が出るので、今日はお湯で洗濯していました。昔の人は、洗濯板とたらいで冷たい水を使って洗濯をして大変だっただろうね、なんて話をしながら、洗濯をしていました。

お家では、洗濯機を使って洗濯をする場合が多いと思いますが、お家でも実践できるといいですね。ぜひ、何か任せてみてください。

12/22 学級討論会 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、国語で学級討論会に取り組んでいます。

テーマを決めて2つのグループに分かれて討論会を行います。今日は、2つの遊戯施設を比べていました。今回は、全部で3つくらいのテーマに分かれているようです。討論会に参加しないグループは、聞き手に回ります。

討論会に向けては、その場だけではなく、事前に準備をします。自分たちが主張する意見の根拠となるデータを探したり、相手の意見を想定した質問などを考え、どのように答えるか、どんな質問をするか、など作戦を練って臨みます。

聞いていると面白いです。いかに、自分たちの主張に説得力をもたせるかをよく考えています。さすが6年生です。

12/21 ムラサキキャベツ 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、理科で「水溶液の性質」の学習をしています。

今日は、ムラサキキャベツの試験液を使って、水溶液の性質を調べていました。

ムラサキキャベツには、アントシアニンという色素が含まれていて、水溶液の性質によって色が変わります。これまで実験で使っていたリトマス試験紙による、酸性・中性・アルカリ性の判別方法では、性質しか分かりませんでしたが、ムラサキキャベツの試験液を使うと、その強さによっても色が変わるので、同じ性質でも何色もの色ができます。中性だと紫色、酸性だと赤〜ピンク色、アルカリ性だと緑〜黄色です。うまく作ると、きれいなグラデーションが出来上がります。

少しの量で色が変わるので、簡単に行き過ぎて反対の性質の水溶液になることもあります。慎重に水溶液を加えながら、様々な色に変化させていました。

12/19 平和への願いを込めて 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
3年生の書き初めの様子を見てから3階に上がり、渡り廊下を渡っていくと、墨のにおいが・・・もしかして・・・

やはり6年生も書き初めの練習をしていました。6年生が書くのは「平和な春」。平仮名の「な」が難しいです。漢字と平仮名、字の大きさのバランスも難しそうです。小学校時代の書き初めの集大成となる作品、期待しています。

誰かが呟きました。

「今は、平和じゃないからな。」

うん、確かに。今は世界中が平和とは言えない状態かもしれません。

「平和な春」

春(新年)に向けて、平和への願いも込めて書いてください。

12/18 これはだれでしょう 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の外国語の学習です。

今日は、「職業」についての学習で、(歴史的)人物当てクイズをしているところでした。

どこから来たか、どんな仕事をした人か、などの英語でのヒントを基に当てていきます。見たときは、スペインから来た宣教師の問題でした。超有名人です。子供たちもすぐに答えが分かったようです。

今日は、3・4組が社会科見学に出かけていて、ここで外国語をしている学級と、もう1学級は校庭で体育をしていたので、6年生の教室には誰もおらず、廊下は静まり返っていました。人がいない学校の廊下は寂しく、寒さも一層厳しく感じます。

12/17 どれにしようかな 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、1・2組が社会科見学に出掛けていて、少し静かな廊下です。

6年生の廊下には、家庭科で取り組んだ「自分たちで考えた献立給食」の掲示がされています。各クラス5〜6種類、グループに分かれて作成したものが貼られています。

これから、皆で投票をして、実際に給食の献立として出されるものを決めていくそうです。選んだ献立にシールを貼るところがあります。どれも栄養のバランスがしっかり考えられたメニューになっています。

実は、昨日の家庭科の様子をお伝えした中に、シールが写った写真を載せていたんですが、記事の中で触れるのを失念してしまいました。
https://school.setagaya.ed.jp/swas/index.php?id...

どの献立が選ばれるのでしょうか。私もシールをいただいたので、よく見て各学級1つずつ選んでこようと思います。

12/16 おそうじ 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の家庭科で、掃除についての学習をしていました。

透明のプレートに付いた汚れなどを落とす活動でした。お酢や重曹を使って、きれいにしたそうです(今日は、タイミングが悪いようで、活動は見られませんでした・・・無念)。

活動が終わって、先生から、

「重曹を食べたことがある人はいますか?」

という質問が投げかけられました。

「えっ!?」、と驚く子供たち。

そのうち、気が付いた子たちからつぶやきが聞こえてきます。

「ホットケーキ・・・」

そうです。最近は、掃除でよく使われる重曹ですが、おかしづくりなどでは、「ベーキングパウダー」として、生地をふくらませるのに使われます。(全ての重曹が口にできるかは分かりませんので、掃除用の重曹などは、口にしないでください。)

お酢や重曹など、食品を使ってきれいにできれば、直接触れる肌に優しく、環境のために良い点もあります。

年末の大掃除、ぜひお子さんと取り組んでみて、何か良い方法があったら家庭科で皆にも教えてください。

12/15 仕上げ 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の図工では、作品の仕上げをしていました。

先日紹介した龍の絵です。今日は、台紙に貼って、周りをきれいな和紙で飾っていました。

台紙に貼るのに、スプレーのりを使うので、図工室から出たテラスで作業をしていました。スプレーのりを付けてもらい(左写真奥)、台紙に貼ります(左写真手前)。担任も参加して(左写真手前右)流れ作業で進めていました。

室内では、和紙選びです。小さく切られた和紙から、気に入った柄の和紙を選びます。小さな皿に和紙入れていく様子は、さながら、たくさん並んだビュッフェ料理の中から、好きな料理を選んで皿に載せているかのようです。

すてきな作品が、よりすてきに仕上がっていました。

12/14 水溶液の性質 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生が、理科室で「水溶液の性質」の実験を行っていました。

液体に、スチール(鉄)やアルミニウムを入れて反応を見ます。酸性の液体の中に入れたスチールは、泡を出しながら溶け始めました。ゴーグルをかけて、その様子をよく観察します。アルミニウムは、一見反応がなさそうですが・・・。

まだまだ実験は続きます。薬品を使った実験、安全に気を付けて取り組んでいきます。

12/11 平和教育 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、体育館で「平和教育」を行いました。

世田谷区の平和資料館から、ゲストティーチャーをお呼びし、お話を伺いました。戦争の時代のものも持ってきて見せていただきました。戦争に行く人に贈った千人針や戦後の墨塗り教科書、焼夷弾の実物もありました。

戦争の歴史や戦時中の生活、戦争が始まる原因などについてのお話を伺い、

「戦争を防ぐためにはどうすればよいか」

を一人一人が考えます。何人かが考えたことを発表しました。

「話し合いをして、互いに理解を深めること」
「お互いに違いを理解をすること」

など、今日のお話を伺って自分なりに考えたことを発表していました。日常の人と人の関わりにも言えることだな、と子供たちの考えを聞いていて改めて思いました。

社会科の歴史の学習の広がりにつながる学習をさせていただきました。世田谷区平和資料館の先生方、ありがとうございました。

平和資料館は、世田谷公園内にあります。機会がありましたら、ぜひ足を運んでください。

平和資料館
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/00...

12/10 卒業文集 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、卒業文集の制作を始めていました。

組み立てを書いて、下書きに入っています。小学校の思い出や将来のこと、今考えていることなど、内容は様々です。「今の自分」の記録ですね。

後々、思い出として振り返ることもあると思います。大切に取り組んでほしいと思います。正確に書くために、辞書で言葉を調べながら書いている子もいました。

卒業まで、残り4か月弱。大切な日々を、1日ずつ大切に。

12/9 給食の献立 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生廊下の掲示板には、家庭科で「6年生が考えた給食の献立」が掲示されていました。

小学生に給食の希望のメニューを聞くと、だいたい「寿司」「ラーメン」「ステーキ」といったラインナップが並びますが、今回の献立は、しっかり栄養のバランスが考えられた上で、それぞれがテーマを決めて作成しているので、しっかりしたメニューが並んでいます。給食の枠の中にありつつ、工夫がされていて感心しました。

さて、どの献立が実際に出されるものに選らばれるのか、楽しみです。

6年生は、理科「大地のつくりと変化」の学習で、「火山の噴火と地震」についての学習をしていました。火山活動の例として、鹿児島県の桜島が出てきて、その辺りに詳しい担任が具体的に説明をしています。日本の中には、火山と共に生活をしているところもあります。東京に住んでいると、火山といってもなかなかぴんと来ないかもしれませんが・・・。

12/8 龍の彩色 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の図工の時間です。

前に墨で描いていた龍に色を付けていました。白黒の世界もいいけれど、色が付くのもまた面白い。

作品の周りには、きれいな模様の和紙をぐるりと付けて、飾るようです。先生と、どう付けるかの相談もしていました。

カラフルな龍、ずらりと並ぶと壮観でしょう。

12/5 発表 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、総合的な学習の時間にまとめた内容を発表していました。

SDGs(エスディージーズ)について調べてまとめたものでした。しっかり聞いて、友達の考えも吸収します。考えたことをそれぞれのアクションにつなげていけるといいですね。

その後の時間に、

「すごいクリスマスツリーができた!」

と、聞いて再度訪れてみると、本当にすごいツリーができていました。天井から降り注ぐようにそそり立つツリー・・・12月です。

12/4 保健体育の学習 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生が保健体育の学習をしていました。

6年生の2学期の保健体育は、「飲酒・喫煙の害」「薬物乱用の防止」などについての学習です。先日、学校薬剤師の先生による薬物乱用防止教室も実施しています。この保健体育の学習でもしっかり学んでほしいと思います。

「地域のさまざまな保健活動」についても学習します。健康を守るために地域や社会でどのような活動が行われているかを知る学習です。普段はあまり見えないけれど、社会に支えられていることを実感できると思います。

どちらも子供たちの将来に向けての大切な学習です。

12/3 地層 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、理科で「大地のつくりと変化」の学習をしています。

今日は、校庭のしたのボーリング資料などを基に、下の様子がどうなっているかを考えて、「地層」について学んでいました。

砂や土、泥で実際に地層を作る活動もしますが、なかなか「地層」という、実物に触れづらく、イメージがしづらいところです。できるだけ地質の資料や映像を使って学習を進めています。ご家庭で出かけたときに、地層を見る機会があったらぜひ見せてあげてください。

12/2 テストデイ? 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生が、単元の終わりのテストをしていました。隣のクラスでも、テストをしていました。もちろん、たまたま重なっただけですが、テストの時期が重なることは普段も多いです。

12月に入り学期末が近付いてきているのもあり、終わった単元のテストやまとめのテストなどに取り組む機会も増えてきています。もう、そんな時期なんだあと改めて思いました。

2020年もカウントダウンがスタートです。

12/1 机の汚れ 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、家庭科で掃除についての学習をしていました。

教室の前には、たらいが並んでいます。今日は、濡らした雑巾で机を拭いてきれいにするようです。毎日使う机はどれくらい汚れているでしょうか。拭いてみると、予想以上に汚れがあることが分かりました。雑巾にびっしり汚れがついています。

私も、毎日の終わりに各教室の全ての机を消毒して拭いているので、そこまで汚れていないかと思っていましたが、それだけでは消毒はできても、机の汚れまでは全て取れていないんですね。子供たちも、机の汚れにびっくりしていました。

普段、目には見えない汚れにも目を向ける良いきっかけになったと思います。

11/30 有名なあの事件 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生の社会科の歴史の授業では、あの有名な事件について考えていました。

明治維新後の日本が、世界と対等に並ぶための条約改正のきっかけになった事件です。事件の概要から、その後の条約改正につながっていく流れについて考えていました。

歴史には背景があり、それを表す資料があります。そういった部分を考えていく、考えていける6年生の学習です。

この事件の名前、思い出せるでしょうか。

11/27 高い! 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の校庭体育では、短距離走と高跳びに取り組んでいました。

短距離走は、コーナーもある少し長い距離で記録を計っていました。体も大きい6年生の走りは力強いです。

そして、高跳びもかなり高い記録に挑戦していました。見たときには失敗して、何度も挑戦していましたが、きっとあの後成功したんじゃないでしょうか。

力強い6年生の走る姿、跳ぶ姿でした。

11/26 発表 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、外国語の授業で「This is town.」の発表をしてしました。

自分の街にあるものを、「We have〜」の表現を使って紹介していきます。

一人ずつ前で発表していました。聞く人は、よく聞いて伝え方の良さや聞きやすさなどを記録していきます。

自分が小学生だったら・・・できないなあ・・・皆、堂々と発表していて感心しました。

11/20 6年生『道徳公開』

記事画像1 記事画像2 記事画像3
先週、6年生は道徳授業の公開を行い、各担任がそれぞれのクラスの授業を見合いました。

今回は、「スポーツの力」という資料を使って授業を行いました。パラリンピックに3大会連続出場した「谷 真海」さんの経験を基に谷さんの気持ちを中心に考えました。

どのクラスもノートにたくさん書き込み、分かりやすく発表していました。所々で取り入れた実際の映像も、真剣な表情で見ていました。

「誇りある生き方とは・・・」難しいテーマでしたが、さすが6年生!!自分の考えを具体的に表現していました。最後には、東京オリンピック招致でスピーチした谷さんのプレゼンテーションを見ました。

季節は冬に突入していきますが、最高学年としての「スポーツの力」に期待しています!!

11/25 明治時代 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の社会の歴史の学習は、明治時代に入っていました。

今日は、条約改正、大日本帝国憲法といった内容の部分(2学級それぞれ)で、世界に向けて歩み出した日本について学んでいます。

明治、大正、昭和、平成、令和・・・いよいよ現代に近付いてきました。
歴史の学習もあとひと息です。

11/24 お礼 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、お礼のお手紙を書いていました。先日の調理実習で使った「じゃがいも」を送ってくれた北海道の中川町の皆さんへの手紙です。

おいしいじゃがいもを使って、おいしいジャーマンポテトが作れたこと、調理実習をこんな風にしましたという報告などをお礼の言葉に添えて書いていました。

北海道は、もうかなり寒くなっているかもしれせん。子供たちの温かい気持ちが、北海道まで届きますように。

11/21 街角 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、書写の毛筆で「街角」という二文字を書いていました。

筆遣いが分かりやすい練習用の紙を使って、丁寧に練習を進めていました。

「街」の字が難しいです。3つの部分からなり、横に広くなりがちです。バランスよく書けるように、繰り返し練習していました。

ここからは、余談ですが、「街角」という言葉が引っかかり、ちょっと調べてみたら、「街の道路の曲がり角のあたり」とか「街頭」、「街の中」といった意味で使われるようです。「使われるようです」と書いた通り、普段あまり使わない言葉ですね。歌の歌詞には、よく出てくるんですが・・・よく考えてみると不思議な言葉です。

11/20 拡大図 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、算数で拡大図を描いていました。

拡大図は、大きさは違うけど形が同じ形です。形が同じということは、角度が同じであったり、辺の長さの比が同じだったりします。コンパスや分度器、定規を使って、角度や長さを測りながら図を描いていました。

さすが6年生、コンパスの使い方が巧みです。無駄な力が入っていない。動きが軽いです。

11/19 走り幅跳び 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の校庭体育は、走り幅跳びと高跳びです。

午後になると、風が出てきます。今日の風は、少し生ぬるいぐらいの暖かい風です。砂埃が舞うので、こまめにスプリンクラーで水をまきますが、追いつきません。走り幅跳びには、追い風でしょうか。高跳びは少しやりづらいかもしれません。

そういえば今日は午前中、ちょうど道徳でも、走り幅跳びのパラリンピアン谷真海さんについて取り上げて考えていました。谷さんの記録は、5m02cm。さすがに、谷さんの記録には及びませんが、今日は少し谷さんが背中を押してくれたのか、良い記録が出ていました。

11/18 枠を超えて 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、図工で習字道具を使って「龍」を描いていました。

太筆と墨汁で描いていきます。濃い目の墨でしっかり描いていく子もいれば、薄墨で水墨画風に描いている子もいます。

お手本になる絵や写真(もちろん「実物の写真」ではありません・・・)を見ながら描きます。「龍」はあまり日常的な題材ではないので、どんな風な作りになっているか分からず、お手本をよく見ながら描き似たようなものになりがちですが、その枠をドンと超えるものもあり目を引きます。

筆で大胆に大きく描いた龍、色付けもするんでしょうか。このままもいいなあ。

11/17 半分 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生の調理実習、引き続き学級を半分に分けて、順番に実施しています。でも、今日は調理実習の話ではなく・・・調理実習をしている学級の残り半分の学級の様子です。

残り半分の子たちは、音楽の授業を受けていました。歌を歌っています(写真は間に合わず・・・)。こちらの人数も半分になっているので、歌を歌うの十分な間隔が空いていて、ちょうど良いです。とはいえ、もちろんマスクはしたまま、適度な声で歌っています。

家庭科の感染予防のための対策で始めた取り組み方法でしたが、意外というか、当然というか、人数が半分になっているので、様々なところで良い効果がありました。とはいえ・・・人数が半分になっているということは、もちろん逆に倍の労力がかかっているので、全ての活動でこういったことを行うことは困難ですが、ピンポイントで少人数の活動を活用していくことは、効果が大きいことを実感しました。

11/16 「『鳥獣戯画』を書く」6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、「『鳥獣戯画』を読む」の学習のまとめに、教科書に出てきたのとは別の場面についての解説文を書いています。

今回6年生は、研究授業でもこの単元についての研究に取り組みました。先週、場面から読み取ったことを付箋に書いて貼り、内容を交流して深めている学習の様子を見ました。今日は、別の学級の様子ですが、それを文章にして、解説文にまとめているところでした。

絵を見て、それを解釈して文章にする、というのはとても難しい作業ですが、これまでの作業で、順を追って内容をつかんできているので、皆しっかり文章に書くことができています。全部読んでみたくなりました。

11/13 実践・理論・実践 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生が校庭体育で、「高跳び」と「走り幅跳び」をしていました。

上から様子を見て、6年生の教室の方へ行くと、部屋を暗くして、皆でテレビを見ています。社会科かな、と思って見てみると、こちらも体育でした。走り幅跳びの仕方についての番組を見ています。

校庭で実践し、途中改めて理論を学び、また校庭で実践するのでしょう。

実際にやっているから、理論も理解できるでしょうし、それを学ぶことで、さらによい実践ができるでしょう。次の校庭での体育が楽しみですね。

11/12 リスニング 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の外国語の学習です。

今日は、英語でリスニングをしているところでした。英語の説明を聞き取って、説明に合う教科書の絵を線で結んでいきます。

よく聞きたいときや覚えたいとき、感覚を耳に集中させるように、目をつぶることがあります。2年生の日本語の暗唱でも見られた姿です。6年生の英語の授業でも同じ姿が見られました。

11/11 調理実習& 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
今日も、6年生の調理実習が行われていました。

今日は、ちょうど完成して試食をしている最中でした。決められた位置で、各机に二人ずつ、給食と同じように同じ方向を向いて試食をしています。クラス半分なので、人数も少なく、「これなら」と、見ていても安心できました。

さて、他の写真は、何かというと、実習をしている学級の残りの児童の活動です。半分が実習ということで、もう半分は学級等で別の学習や活動に取り組んでいます。今日実習していた学級では、教室で調べ学習をしていました。

昨日、4クラス×2で計8回実施と書きましたが、きちんと確認したら、もう1回、くすのき学級の6年生も合わせて、全9回の実施でした。順次進めていきます。

11/10 調理実習 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生の調理実習が始まりました。

北海道中川町から送っていただいた「じゃがいも」を使った料理に挑戦です。今日は、ジャーマンポテトを作っていました。このじゃがいも、本当においしいんです(今回いただいたのは食べていませんが)。それにひと手間加えれば、更においしくなること間違いなし!これからどんなじゃがいも料理が登場するか分かりませんが楽しみです。

さて、今回の調理実習は、学級を半分にして人数を減らすとともに、調理をする場所や試食の位置等を細かく決め、徹底した感染予防の下、実施しています。4クラス×2で計8回実施していく、今日がスタートの1グループ目でした。引き続き、感染予防努めながら進めていきます。

11/9 物価上昇!なぜ? 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生が社会科の歴史の学習をしています。

今日は、アメリカからペリー提督が日本に来て、江戸幕府に開国を迫った頃についての学習で、「その頃、物価が上がった」という事実から、理由を考えているところでした。

子供たちは、最近、物の値段が上がることを身近に感じる出来事があったようです。そう、マスクの商品不足と値段の高騰です。マスク、手に入りませんでしたね。そして驚くほど値段が上がっていくのにも驚きました。もちろんその頃の物価上昇は別の理由によるものですが、物の値段が変動することを身をもって経験している6年生、そんな話も交えながら江戸時代の物価上昇について考えていました。

勝手に私の頭の中でつながったペリーとマスク、・・・ペリー提督がマスクをした姿がしばらく頭を離れませんでした。

11/7 かきあげる 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、「『鳥獣戯画』を読む」の学習で、解説文を書いています。

この単元自体が「鳥獣戯画」の解説文なのですが、そこで学んだ表現や構成の工夫を生かし、別の場面から自分なりの見方で読み取ったことを整理して、解説文を書いていきます。

今日は、最終的に文章にまとめる段階に入っていました。難しい学習ですが、各自よく考えながら、これまで一歩ずつ進めてきた学習のまとめとして解説文を書いていました。いくつか読ませてもらいましたが、なかなか読ませる文章に仕上がっています。作品の交流も始まっています。友達の作品から、さらに刺激を受けていくことでしょう。

11/6 跳躍 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
昨日、4年生の様子をお伝えしましたが、6年生も校庭体育で高跳びと走り幅跳びに取り組んでいました。

さすが6年生です。力強い踏み切りから、大きくジャンプ!体も大きくなり、ジャンプの迫力が違います。「跳躍」という表現がふさわしい、そんな姿でした。

小学校は1年生から6年生まで6年間ありますので、こういった成長過程による違いが見られるのも面白いところです。

11/5 おいしいミルクコーヒー 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、おいしいミルクコーヒーを作る学習、ではなかった、算数で「割合」の学習をしていました。

「同じ味のミルクコーヒーを作るにはどうしたらよいか」について考えます。「濃さ」が同じになれば、同じ味になる・・・同じ濃さにするには・・・ミルクとコーヒーの割合が同じになればいい!ということで、量は変わっても、割合が同じになるように量を考えていきます。

20mLのミルクと30mLのコーヒーで作ったミルクコーヒーは、20を2、30を3とみて2と3の割合であること、それを2:3と書き、割合を「比」で表す方法を学習しました。

ミルクを40mLで作って同じ味にするには・・・同じ比になればいいことから、様々な方法で考えが出され、60mLのコーヒーを入れればいいことが分かりました。これで、自分好みのおいしいミルクコーヒーをいつでも飲むことができますね。

割合や比は、生活の中でも使う場面が多い内容です。

11/4 調理実習に向けて 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、家庭科で調理実習に向けて準備をしています。グループごとにメニューを決めて、手順や作業の内容を考えています。

感染予防で、学級を半分に分けて行うので、写真のような人数です。やはり半分になると、かなり少なく、部屋は広く感じます。調理や試食での対策も万全にして実施していきます。

以前に掲載した記事
「10/7 調理実習に向けて 6年生」
https://school.setagaya.ed.jp/swas/index.php?id...
(同じタイトルでしたね・・・)

いよいよ来週から調理実習が始まります。

11/2 ソフトバレーボール 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生が体育館体育で、ソフトバレーボールに取り組んでいました。

球技にもいろいろな型がありますが、バレーボールはネットを挟んで行う形の競技で中学年くらいで初めて行うと、ルールを工夫しないとなかなか試合の形にもなりませんが、さすが6年生はここまで何度か経験しているだけあり、うまく仲間でボールをつないで相手に返す形ができていました。

2学期後半の体育の学習内容について、改めて現状と照らし合わせながら検討し、感染予防に気を付けつつ、いくつか新しく取り組めるものも増やしました。使用前後の手洗い等を徹底して行いながら、実施していきます。

10/30 日本最古の 6年生

記事画像1 記事画像2
6年生は、国語で「『鳥獣戯画』を読もう」の学習をしていました。

先日、学年からの紹介もありましたが、この単元では解説文を書く学習をしていきます。今日は、初発の感想を発表していました。うさぎとかえるが出てくる有名な場面がありますが、感想ではその姿から想像したことがたくさん発表されていました。うさぎとかえるが戦っているように見えるこの場面から、かなりいろいろな想像を広げたようです。

「日本最古の漫画」とも称される「鳥獣戯画」、6年生はこれからどこをどう捉えて解説文を書くのか、楽しみです。

「鳥獣戯画」(甲巻と丙巻)は、上野の東京国立博物館で見られますので、興味があったらぜひ。(現在見られるかどうかは、ご確認ください。)

10/29 漢字 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は、漢字の学習をしていました。

カンジー博士の「漢字学習の秘伝」です。何だか凄そうです!内容としては、間違えやすい漢字を正しく覚えるための方法になります。

複雑な形の漢字、複数の音訓をもつ漢字、送り仮名に気を付ける漢字などについて、例を見ながら考えていきます。

小学生が間違えやすい漢字は、やはり決まっていて、どの学級で教えても大体同じ間違いに出会うことが多いです。

例えば、「羊」に絡んで間違えやすい字の例です。2年生で「南」という字を習います。南の中は横棒が2本で「羊」ではありません。同じく2年生では、「半」という字を習います。そうすると、南の中が「半」になってしまうことがあります。そして続く3年生では「羊」を習います。そうすると「羊」と書こうとして、横棒が2本になって間違えたり、「半」のように、上が突き出していたりする間違いをします。そして「羊」をしっかり覚えたとしましょう。そうすると今度は、「南」の中が「羊」になってしまい・・・というエンドレスループが・・・恐ろしい漢字の世界。

個人的には、漢字を覚えるこつは、ただ漫然とたくさんの量を練習するより、正しい形や違いを意識しながら丁寧に練習することかな、と思っていますが、これは個人差がありますので、一概には言えません。自分に合った方法でポイントを押さえて覚え、正しく使っていってほしいと思います。

特に、6年生は、小学校で習う漢字をしっかり整理して覚えて中学校に進めるように。カンジー博士、よろしくお願いします!

10/28 6年生 国語「『鳥獣戯画』を読もう」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
国語「『鳥獣戯画』を読もう」の学習に入りました。この説明文は、今年の6年生の研究授業で取り扱うものです。11月12日(木)に6年2組で行います。

今日は『鳥獣戯画』の絵を見て解説文を書き、筆者の文章と比べました。これから筆者の工夫を捉えて読んでいき、最後にもう一度解説文を書きます。

単元を通して、今日の解説文より、よい文章になるように学習していきます。

10/28 背もたれ・座面 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生が図工で作っている椅子の作業も、いよいよそれぞれの個性が出る背もたれと座面の制作に入っていました。

いろいろな形の背もたれや座面があります。早い子は、色塗りに入っていました。色がつくと、さらに個々の作品の違いが出てきそうです。

完成まであと少し。すてきなオリジナルの椅子が出来上がりそうです。
(サイズ的に、人は座れないと思います。ディスプレイなんかに使うのかな。)