令和3年度の教育について   世田谷区立芦花小学校 校長 石田 孝士

世田谷区立芦花小学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

本校は昭和34年に世田谷区立烏山分校として発足し、昭和35年に世田谷区立芦花小学校として独立しました。平成27年に創立55周年を迎えた本校は、世田谷で唯一の小中施設一体型校舎として児童・生徒の交流が進んでいます。小学生は同じ敷地でモデル(目標)となる中学生の姿を常に目にしながら、中学生への尊敬の気持ちを高め、将来に対する目標を持ち、中学生は自己有用感を高めています。

芦花小学校、芦花中学校の「芦花」は、粕谷の町をふるさととして愛した明治時代の文学者、「徳富蘆花」の名をとってつけられました。 近隣には蘆花公園、世田谷文学館、粕谷児童館、芦花ホーム、芦花幼稚園、八幡山保育園などがあり、子どもたちの情操を育む環境にも大変恵まれています。

平成22年度より、地域運営学校の指定を受け、学校運営委員会で作成した数々のビジョンを基に学校、家庭、地域での「共育」を推進しています。また、芦花中学校・芦花小学校・(八幡山小学校)で構成する芦花の学び舎として、義務教育9年間の充実を図り、世田谷9年教育を推進しています。

今年度からは小中での9年教育に加え、2年間の幼稚園や保育園ともキャリア教育を中心に連携を深め、世田谷区の新たな教育の取組である「せたがや11+(イレブン・プラス)」も推進していきます。

子どもたちが生き生きと学び、表現し、学校生活を楽しむ姿をめざし、今年度も、

★世田谷で唯一の小・中施設一体型校舎の「移動時間ゼロ」の利点を生かし、芦花中学校との義務教育9年間の充実を図り、「世田谷9年教育」で育てたい力・資質が確実に身に付く教育活動を推進します。

★オリンピック・パラリンピック教育の実践とともに、運動・スポーツへの興味・関心を高め、基礎体力を向上させる体育授業等の内容・方法の改善を図っていきます。

★一人ひとりの個性や能力を伸ばし自己実現にむけた生き方教育(キャリア教育)を推進します。

★相手の立場を理解し、互いを認め合い高め合い、支え合って行動する豊かな人間性を育成します。

「学力(→問題解決力)・体力(→思いのままに体を動かせる力)・こころ力(→自己教育力)・ふれあい力(→コミュニケーション力)を学校・家庭・地域の共育で育む」を基本方針とし、より一層充実した教育活動が展開できますよう教職員一同「チーム芦花」となり、子どもたちのために全力投球していきます。本校の教育活動へのご理解とご協力を、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

1.学校教育目標

  • 健康で明るい子ども
  • すじみちをたてて考える子ども
  • すすんで行動し最後までやりぬく子ども
  • すなおで心の豊かな子ども

2.芦花ビジョン

  • 学力(問題解決力)
  • 体力(思いのままに体を動かせる力)
  • こころ力(自己教育力)
  • ふれあい力(コミュニケーション力)

を学校・家庭・地域の共育で育む。

3.めざす学校像

  • 確かな学力の定着を目指し、授業が充実した学校
  • 健康と安全の意識が高く、体力の向上と心身のたくましさを育成する学校
  • 互いに認め合い、育めあえる学校
  • コミュニケーション力を培える学校
  • 一人ひとりの自己実現にむけた生き方教育を進める学校

4.めざす児童像

  • 自ら考え、進んで学習に取り組む子ども(学力)
  • 健康づくりや体力の向上に取り組む子ども(体力)
  • 人とのかかわりを大切にする子ども(ふれあい力)
  • 自ら判断して行動にうつす子ども(こころ力)

5.学校経営方針

令和3年度 学校経営方針