保護者会、引き取り訓練へのご協力をありがとうございました。

本日のメニュー「赤飯・鶏肉のから揚げ・野菜のからし醤油あえ・豆腐汁・はまさき・牛乳」

給食最終日の本日は「お赤飯」です。卒業、進学などの晴れの日にお赤飯はよくメニューになります。古代より、赤い色は邪気を祓う力があり、神様に赤米を蒸し、お供えしていました。今はもち米にささげや小豆を混ぜて炊くのが一般的です。
本日のデザートは、はまさきです。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『スパゲティミートソース・ハニーサラダ・清見オレンジ・牛乳』

本日は太子堂小の人気メニュー[スパゲティミートソース]です。日本でナポリタンとならんで人気メニューである[スパゲティミートソース]はイタリア南部のボローニャ地方の人がフランスのラグー(煮込み)のまねをして作ったのが始まりと言われています。イタリアではパスタやマカロニにミートソースを混ぜ合わせていますが、日本ではスパゲティの麺の上にミートソースをかけていることが多いです。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『ごはん・鮭の西京焼き・おひたし・沢煮椀』

本日の汁物は沢煮椀です。沢煮椀とは具だくさんの汁物の一つです。具だくさんの煮物である沢煮から転じたと言われています。沢煮椀には普通、豚の背脂を使用しますが、給食では豚の肩肉を使用してさっぱりと仕上げています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『チキンライス・ヌードルスープ・フルーツヨーグルト・セレクトドリンク』

学校給食でもよく出るチキンライスは日本の発祥の洋食です。基本的には鶏肉、玉葱、マッシュルーム、人参などを油で炒め、ごはんを入れ、塩こしょうで味を整え、ケチャップで味をつけます。太子堂小学校では、トマトケチャップ以外にもトマトジュースパプリカで味に深みをつけ、粉チーズでコクを出しています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日の給食『ハッシュドポークライス・こんやくサラダ・みかんゼリー・牛乳』

本日はハッシュドポークライスです。ハッシュドポークライスは薄切り肉をドミグラスソースで煮込んだ肉料理です。日本では、ハヤシライスとも言われ、大阪神戸ではハイライとも呼ばれています。イギリス、アメリカ、パンとともに食べられていますが、日本ではごはんとともに、カレーのように食べます。カレーと違うところは、煮込み時間が短いこととスパイスです。手軽に料理できますから是非休日にお家で料理をお母様と一緒に作ってください。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『中華おこわ・白菜と春雨のスープ・チジミ・牛乳』

チジミは韓国のお好み焼きです。韓国では「プッチムゲ」または「ジョン」と呼ばれ、チジミは方言です。意味は「平たく伸ばして焼いたもの」です。
【作り方】
「1」小麦粉、水、卵に塩で味をつける。
「2」えび(干したもの)、いか、キャベツのせん切りを混ぜ合わせる。
「3」しょうが、かつおぶしを混ぜ入れざっくり混ぜ合わせる。
「4」鉄板に流し入れ、180度で20分オーブンで焼く。
「5」さとう、醤油、米酢、ラー油でタレを作る。
上からたれを焼き上がったチジミにかける。本日の干しえびは、中華素材のシャーミーをもどし、戻し汁もチジミに入れて味に深みを出しました。
(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『ソース焼きそば・シーザースサラダ・牛乳』

本日のメニューの「ソース焼きそば」に使用しているソースは2種類でウスターソースと中濃ソースです。日本のウスターソースは野菜、果実などのジュース、ピューレに塩、砂糖、酢、香辛料を用いて熟成させたものです。イギリスの元祖ウスターソースはアンチョビ、タマリンド、エシャロット、クローブ、ニンニクを材料にしています。日本はフランスのブラウンソースが発展したもののようです。日本の関東地方では中濃ソースが人気で関西地方よりウスターソースがこのまれていると言われています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)


画像1 画像1

本日のメニュー『五目ごはん・豚汁・おひたし・牛乳』

日本食でよくごぼうは使用しますが、日本で自生はしていない植物で縄文時代か平安時代に渡来したと言われています。主に食べられるようになったのは、江戸時代から明治時代にかけてだそうです。根は日本の他は朝鮮半島、台湾、中国以外食用とする国はないそうです。食物繊維が多く、漢方薬としても使用します。給食でも日本食にはよく使用しています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『揚げパン(ココア)・白菜と肉団子のスープ・キャベツサラダ・牛乳』

本日、揚げパンはココア味です。揚げパンをココア味にする時、粉糖とココアパウダーを使っています。ココアパウダーはカカオ豆から脂肪分であるココアバターを搾った残りである「ココアケーキ」を粉砕して粉末状にしたものです。ココアパウダーは体内の酸化を防ぐさまざまな成分を含んでいます。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

3月6日(火)の給食 『わかめとじゃこのごはん・春巻き・ラーパーツァイ・中華風コーンスープ』

春巻きは中国の点心(軽食)の一つで、世界中で愛されているメニューです。英語でスプリングロールと言われます。給食では、中国の広東料理のレシピで、白菜、人参、豚肉、タケノコ、干し椎茸、春雨を炒め、醤油で味付け、でんぷんでとろみをみつけたものを冷まし、春巻きの皮で包んで油で揚げ、手間がかかりますが、1人前1本、65gとボリュームがあり、栄養もバランスがとれています。
(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日の給食『キーマカレー・イタリアンサラダ・フルーツポンチ・牛乳』

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 キーマカレーはひき肉を用いて作ったインド料理の一つです。「キーマ」とはヒンディー語やウルドゥー語で「細切れ肉」または「ひき肉」を意味します。作り方は、玉葱やにんじんなどの野菜をみじん切り、またはあられ切りにしたものとひき肉(豚)香辛料と調味料を加えて水量の水で煮込むカレーです。インドではヒンドゥー教と回教の食事の規則で「牛肉・豚肉」のキーマカレーはありません。給食では「豚ひき肉」を使用して作ります。( 写真 左 保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
 今日は、6年生のバイキング給食でした。他学年と同じメニューの他に、海老フライ・鶏のから揚げ・ポテトフライや飲み物もオレンジジュース・りんごジュース・ウーロン茶・牛乳がつきました。とても楽しく後片付けもきちんとできていました。(写真 中 右)

本日の給食『ひなまつりちらしずし・すまし汁・ひなまつりケーキ・牛乳』

明日は3月3日ひなまつりです。華やかなひな人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事を行う日です。もともと中国の漢の時代(紀元前100年代頃)に「上巳の日」すなわち3月上旬の「巳の日」に川で体を清める行事があったことから「上巳の節句」の呼び名も残っています。本日のメニューはひなまつりの行事食です。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日の給食『キムチ丼・ワンタンスープ・ナムル・せとか・牛乳』

本日のくだものは「せとか」です。「せとか」はミカン科の常緑樹で柑橘類の一種です。「清見」と「アンコール」を掛け合わせ「マーコット」を交配し、育成されたのが「せとか」です。枝のとげを切り取って、袋がけをして大切に栽培されています。甘く、皮が薄く種がないみかんです。大きい物は夏ミカンぐらいの大きさになります。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日の給食『ビスキュイパン・ポトフ・シーザーサラダ・牛乳・デコポン』

本日の果物はデコポンです。デコポンは柑橘類の一種です。生産量の半分近くを熊本県産が占めています。デコポンは寒さに弱く、暖かな地域で栽培されています。1972年長崎で清見タンゴールドと中野3号ポンカンを交配して誕生しました。実の外見のでっぱりが特徴です。でっぱりがなくても味や品質に問題はないです。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『ごはん・鮭の味噌マヨネーズ焼き・野菜のゆず漬け・豆腐の味噌汁・牛乳」』

本日の魚の味噌マヨネーズ焼きに鮭を使っています。日本の縄文文化が東日本で発達した理由の一つに鮭、マスがとれることにあると言われているそうです。鮭を漁獲するため道具を作り、漁を先史の時代から行っていたそうです。今や料理の方法も煮たり、焼いたり、揚げたりと多様にわたっています。給食でも鮭はよく出ます。なじみがある魚なので人気もあります。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日の給食『中華おこわ・わかめスープ・大学いも・牛乳』

大学イモはさつまいもを油であげ、醤油、水あめ、黒ゴマで作ったたれにからめて出来ています。さつまいもは、どんなお芋か知っていますか?中南米が原産のヒルガオ科サツマイモ属の植物です。花は朝顔に似た形でピンク色ですが、開花を見るのは温帯地域では難しいそうです。(すぐにしぼみます)痩せた土地でも育つ初心者でも栽培しやすい植物です。日本では鹿児島、茨城、千葉、宮崎、徳島でよく栽培されています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『ちゃんこうどん・かきあげ(ほたて)・もやしのごま風味・いちご・牛乳』

今日の果物は、みんな大好き「いちご」です。昔は「イチビ」と呼ばれ、江戸時代にオランダから伝わりました。果実はふつう「子房」が膨らんだものです。しかし、「いちご」は「偽果」と呼ばれるもので、私たちは「花托」という花の付け根の部分を食べているのです。実は、イチゴの実は表面のツブツブなのです。イチゴは園芸学の上ではスイカと同じで野菜に分類されます。ビタミンCが豊富で10粒で一日分のビタミンCがとれます。風邪予防にぴったりの果物です。本日は栃木のとちおとめという品種です。<保健美化給食委員会 昼の放送発表より>
画像1 画像1

今日の給食『わかめごはん・酢豚・ラーパーツァイ・牛乳』

本日は酢豚の豚肉についてお話します。
日本では弥生時代の遺跡から出土し、イノシシと思われていました。また、古墳時代の遺跡からも骨が出土し、「日本書紀」「万葉集」にも豚を飼育していた記録が残っています。明治維新まで日本全土では食べられていなかったようですが、関東大震災後の養豚ブームにより、日本全土に広まったそうです。栄養価が高く、タンパク質、ビタミンB群が多いため、健康食品とされています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1

本日のメニュー『セサミトースト・パンプキンシチュー・フレンチサラダ・牛乳』

風邪はなぜひくと思いますか?

[1]寒さ暑さなどの温度の変化
[2]ウィルス
[3]睡眠
[4]栄養

[1]から[4]の要素が互いに絡み合って起こります。食事、睡眠、学習といった毎日のリズムを規則正しく守ることが風邪の予防になります。良質のタンパク質【肉・魚・卵・豆】を十分にとり、ビタミン類を組み合わせ、温かく水分の多い食事をとりましょう。今日のメニューのパンプキンシチューは風邪の予防にぴったりのメニューです。残さず食べてください。<保健美化給食委員会 昼の放送発表より>
画像1 画像1

本日のメニュー『ナシゴレン・白玉スープ・杏仁豆腐・牛乳』

「ナシゴレン」はインドネシア、マレーシアの焼き飯です。
作り方は
[1]豚ひき肉、コーン、ピーマン、赤ピーマンを炒め、しょうが、にんにくを加え、トムヤンペースト、ナンプラー、レモン汁を加え、そこにパセリを入れます。
[2]ごはんが炊き上がったら同時に加熱した[1]の具を加え出来上がりです。
※本国インドネシアは宗教の関係で豚ひき肉はあまり使用しません。太子堂小では、味に深みが出るので豚ひき肉を使用しています。(保健美化給食委員会 昼の放送発表より)
画像1 画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学年だより

学校だより

学校評価