『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

砧中学校のアレルギー対応を確認しました

今日、放課後に教職員全員で給食のアレルギー対応を確認しました。

朝の職員打ち合わせで確認
朝の学活の時に確認
給食を渡すときに確認

毎回、確実に確認することで安心・安全な給食の時間を作ります。

副校長 廣田 桂子

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年生の部活動紹介はビデオで

中学校で楽しみなのは部活動!といっても過言ではありませんね。
お待たせしました。今日の3時間目、1年生は各教室で部活動紹介を受けました。

部活動紹介冊子をもらい、部長さんたちの語る部活動紹介ビデオを食い入るように見つめていました。

今年度の部活動は2,3年生が6月22日(月)から、
1年生の仮入部期間は期末試験後の7月13日(月)から23日(木)までとなっています。もうしばらく待ってくださいね。

副校長 廣田 桂子
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

不思議な光は?

画像1 画像1
ここはどこでしょう?

砧中学校で見つけた不思議な光の風景です。



職員室前の廊下と窓ガラスです。

ふとした美しい風景、見つけたら教えてくださいね。


福島 淳子

数学だとつい…

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
数学の授業にはついつい入り込んでしまいます。

みんな、わかっているかな
ついていけてるかな
ケアレスミスしていないかな

これからは教室に行くときは鉛筆を持って行こう
と思った副校長でした。

廣田 桂子

3年生は

3年生は6クラス。ということは、先生たちは同じ授業を12回もやっています。

だから難しい公式もすらすらといえるようになるのですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

午後も元気に

午後の授業も順調です。

登校時には熱中症指数を確認してから教室に入ります。

検温が必要な人は、保健室ではなく多目的ホールに来ます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年生 ソーシャルディスタンスグループワークトレーニング

画像1 画像1
2年生の教室から、楽しそうな声が聞こえます。

身体計測の後の時間、グループワークトレーニングをしています。

後出しじゃんけんで先生に勝とう!
先生に負けよう!
意外と難しくて、ドキドキ、ワイワイ

クラスの子の良さが見つかったりして大切な時間だなと思いました。

副校長 廣田 桂子


画像2 画像2

それぞれの場所で

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
午後の1年生の授業。

音楽室で
美術室で
校庭で
生徒たちの頑張る姿が見られました。
実技教科はまだ始まったばかりで
ガイダンスが中心ですが
中学校の授業が
少しずつイメージできてきたことでしょう。

1年生の美術では

1年生の美術の授業を参観しました。

図画工作から美術という教科名に変わったとき、「どんなことやるのかな」と期待感でいっぱいだった昔の自分を思い出します。

「色を楽しみ美術を楽しもう」
というタイトルで色について学びます。休業中の課題や配信した学習サポート動画の視聴と今日の授業がつながっています。提出した作品がテレビに映し出され友達の作品の工夫したことや良さを共有することができました。

「色と形で自己紹介」24色の色紙から自分の好きな色を選んで色に名前を付けます。ひとりひとりの個性が色と形で表現できるのですね。

感染症対策も徹底しています。
配布するプリント類は入り口で各自が取っていきます。
授業が終わったら、各自がテーブルを拭いて退出します。

気づいたら、1時間美術室で過ごしていました。

副校長 廣田 桂子


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

午後の授業から

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
(上段)
1年生総合、ロイロノートの使い方です。好きな食べ物を書いて、先生とのやり取り。「届いた!」嬉しそうな声です。

(中段)
2年生技術、木工製作。まずは製図を書いて、それから作業に入ります。製図通りに作品が仕上がるといいですね。

(下段)
3年生国語、近代俳句の知識を学習中。短い言葉の中に込めた作者の思い、想像力を巡らせながら味わっています。

さようなら 明日も

下校の時間てす。先週までは、ちょっとぎこちない雰囲気だった「さようなら」。今週は自然体で、中には手を振ってくれる生徒も。次第に心理的距離は縮まってきたように思います。

「明日もまた」と声をかけると、「学校来るのが楽しみです」と答えてくれた生徒もいました。生徒たちから元気をいただいています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年生 体育の授業中

暑さが心配された今日ですが、今のところ曇りがちで、日陰も多いようです。1年生の体育実技も始まりました。水分補給をこまめにとりながら、まずは走法についての学習です。中学校ではクラウティングスタートを身につけます。正しい方法を学べば、走力もぐんと上がります。

今日は初日ですので、まずは体慣らしからですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年生 燃焼実験中

さっそく理科の実験が始まりました。まずはガスバーナーの正しい知識と使用方法から。炎の色にも注意して、薄い水色と紫色になったことを確認しています。内側の水色部分と外側の紫色部分での温度差は何と400度もあります。温度の高い外側部分で燃焼させることが基本ですね。

ちょっとドキドキしながらの燃焼実験。この後、教室に戻って観察結果をノートにまとめ、考察します。これから何度もガスバーナーを使う機会がありますので、基本をしっかり身につけておきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ただいま清掃中

当面の間、教室内の清掃は教員が行います。午前の部終了後と午後の部終了後の一日二回です。カメラを向けると、ちょっと恥ずかしそうでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

活況を呈してきました

画像1 画像1
今日の校庭、至るところから生徒たちの歓声が聞こえてきます。今週までは体ならしの期間です。まずは楽しみながら、体力向上を目指します。

この期間限定の男女一緒の体育の授業。大縄跳び、自分がミスしないよう緊張の中ての跳躍てす。
画像2 画像2

総合の時間で

画像1 画像1
3年生の「総合的な学習の時間」。ロイロノートの活用について、専門性のある教員が手分けして授業を行っています。今日の授業はI組担任で教務主任の検校先生です。

3年生の吸収力も高く、自宅と学校での双方向のやり取りがこれからどんどん進みそうです。
画像2 画像2

分散登校最終週

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
分散登校も今週まで。
来週からは通常の再開となります。
半日の授業ですが、
今週中にペースを整えたいですね。

いざ学校が再開となると
当然、不安も出てきます。
それは大人も同じ。
不安があることが自然です。

焦らずに過ごしていきましょう。

ご家庭の不安解消に向けて

画像1 画像1
今週は分散登校は継続ですが、登校日は毎日となります。そして来週からの学校再開に向けての準備も本格化してきました。登校日が増えることで、保護者の皆様にも様々な不安もあると思っています。その不安の解消に応えられるよう、砧中学校では明日以降、以下の取り組みを進めてまいります。

【感染症予防策の強化】
生徒の混雑を避けるため、アルコール消毒液や石鹸での手洗い場所を増設します。また登校時の検温や体調確認など、全教職員体制で実施し、ご家庭との連絡をきめ細かく行います。

【登校に不安のある生徒への支援】
登校日が増えることで、登校を憂うつに感じることもあると思います。引き続き「焦らず、ゆったりと」のスタンスで、その生徒の状況に応じて、支援させていただきます。ぜひご相談ください。また登校が難しい場合は、ロイロノートを活用して、生徒とのコミュニケーションを図る予定です。

【学力の保障】
3年生は都立高校入試の出題範囲縮減が公表されました。また1・2年生は年度を越えて学習計画を立てることが可能となっています。これを受けて、各教科担任は現在授業計画の再々見直しに取り組んでいます。方向性が見えたことで、授業計画を具体化することができます。また評定の時期については区として統一する予定です。まとまり次第お知らせいたします。今後は「焦らず、ゆったりと」に加えて「着実に」学習を進めてまいります。


先週の世田谷区議会では、全校中止の方向だった修学旅行について、校長の判断を優先するという考えが示されました。3月実施の本校においては、引き続き受け入れ先や交通機関の状況把握に努めてまいります。

私たちは、多くの活動機会が失われた生徒たちに、可能性がある限り活動の場を提供したいという考えです。やれるべき事はやり続けるという本校教職員の思いは変わっていません。校内では生徒たちの笑顔が戻ってきました。この笑顔のためにも、今後も砧中学校では問題に一つひとつ向き合い、解決を図ってまいります。


砧中学校 校長 建部 豊

『富岳の眺め』No.126 公開しました

画像1 画像1
No.126【『昨日』は大人のしたこと】
左欄「カテゴリ」から「校長室より」を選んでください。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.126

No.126【『昨日』は大人のしたこと】

昨年9月
私はある演説に衝撃を受けた。
グレタ・トゥンベリさん(16)による
国連気候変動サミットでの訴えである。

「私たちはあなた方を見ている」

気候変動という環境危機に無策だった
大人世代に投げかけた彼女の怒りは、
未来に対する無責任さを
厳しく指摘するものだった。

私はその演説映像を見ながら
二十数年前、社会科授業で取り上げた
一人の少女のことを思い出していた。

🌎

坪田愛華さん
島根県に生まれた彼女は
1991年当時、小学6年生。
環境問題を調べる学校の課題。
彼女は自分で調べた成果を
得意の漫画で表現しようと考え、
2ヶ月かけて作品に仕上げた。
しかしその完成から数時間後、
突然、脳内出血で倒れ、
その短い生涯を閉じることになる。
享年12歳。

彼女の遺(のこ)した作品を
両親は自前で50部印刷をして
同級生や先生に配ることにした。
その後、この作品の素晴らしさが
次第に多くの人々に感動を与え、
英語や中国語などにも翻訳される。
1993年、国連環境計画での
受賞をきっかけとして
世界中のマスコミで話題となった。

『地球の秘密』(坪田愛華 作)

敬遠されがちだった環境問題を
子どもにも大人にもわかりやすく、
そして自分の問題として考えさせる、
今も色褪(あ)せないメッセージ。

改めてその作品を読み直し、
21世紀の今もまだ
彼女の訴えに答えられていない
大人世代として恥ずかしさを覚えた。

「愛華はこの作品のために生まれてきた」
当時の母親の言葉が胸を打つ。

日常に様々な制限がある今だからこそ
便利さに慣れた生活を
見直す機会にしたいと心に誓う。

〜 愛華さんのメッセージから 〜

『昨日』は大人のしたこと
『明日』は子供のすること

缶を捨てるのは『過去』
拾うのは『未来』

缶を捨てる軽さと
缶を拾う重さを考えよう
画像1 画像1
画像2 画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

学校だより

学年だより

動画配信

おしらせ

PTAだより

給食献立

保健

進路だより