『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.66

🎵 今 私の願いごとが 叶うならば
   翼がほしい
   この背中に 鳥のように
   白い翼 つけてください 🎵

フォークグループ「赤い鳥」が
1971年に発表した『翼をください』の一節。
現在は合唱曲として
数多くの学校でも歌われている。
「背中に翼をつけて鳥のように大空を羽ばたく」
これは私たち人間にとって永遠の夢である。

その夢に水を差すような話題を。

 〜 鳥は本当に空を飛びたいのか? 〜

鳥類学者 川上和人氏によると
多くの鳥はほとんど空を飛んでいないと言う。
例えばスズメの飛ぶ平均時間は
30分間で1分ほど。
カラスは35秒、
ハトに至っては24秒しかない。
意外な事に地面で過ごす時間が圧倒的に多いのだ。

鳥にとって飛ぶという行為は
相当なエネルギーを消費する。
長時間飛行する渡り鳥も
飛び立つまでの期間、体内に多くの脂肪を
エネルギーとして蓄(たくわ)えなければならない。

鳥たちにとって「飛ぶこと」は
とても「しんどい」ことなのだ。

さらにその鳥の翼、
これは進化の過程で腕が変化したもの。
私たち人間が翼をつけるためには
背中ではなく、腕の代わりにつけることになる。
何かを身につけるためには
何かを失わなければならない。

鳥類はかつて二足歩行の恐竜から
進化したと言われている。
敵から身を守るために
必死に腕を羽ばたかせ、
命からがら逃げ続けたのであろう。
いつしかその腕は羽毛に覆(おお)われ、
少しずつ空を飛べるようになったと推測される。

鳥たちの翼は
何万年にもわたる命がけの結果と言える。
できることなら
鳥たちは空を飛びたくなかったのである。


  🕊️    🕊️    🕊️    🕊️


そんな風に生物学的に考えると
私たちが翼に込めた夢や希望が
次第に色褪(いろあ)せていくように思えてくる。

それでも私は翼に、夢や希望を託したい。
太古の昔から、人が大空に憧れ、
翼をつけて飛ぶことを目指してきたように・・・

※ 木の枝に止まる鳥は
 決して枝が折れることを怖れたりしない。
 枝を信頼しているからではなく
 翼を信頼しているからだ。
 
(※ アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ著作より)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
行事予定
4/30
(火)
区学習習得確認調査(3年)