一人ひとりが輝く学校

1 教育目標

【校訓】至誠にして動かざる者は未だこれあらざる也

  1. やさしい子ども・・・生命を尊重し、心身ともに健康で活力に満ち、たくましさと他を思いやる心を兼ね備えた子さしい子ども
  2. よく考える子ども・・・自分の力で粘り強く考え、正しく判断し、創意工夫をして行動する自主的・自発的な子豊かな情操を培う
  3. がんばる子ども・・・目標をもって最後までやりぬき達成感をもつ子、健康な体を育てる

2 基本方針

人間尊重の精神を基調として、誠を尽くし、生涯を通じて学ぶことのできる人間の育成をめざして、次の基本方針を定める。

1 人権を尊び、信頼関係で結ばれる校風を築く
 児童一人一人の人権が尊ばれ、かけがえのない一人の人間として大切にされ、児童同士や児童と教師の信頼関係を確立し、常に誠を尽くして物事に向き合う校風を築く。
  
2 基礎学力定着を図る
  国語の系統指導、算数の少人数指導、朝の若村塾の取組、国語・算数のスキル学習等を導入して、読む、聞く、話す、計算等の基礎学力の定着を目指す。
 
3 各教科、総合的な学習の時間等を通して主体的・対話的で深い学びの実現を図る
  体験的な学習及び問題解決的な学習を取り入れ児童の知的好奇心・探究心を喚起し、自ら調べ・まとめ・発信し、これからの時代を生きるために必要とされる資質・能力を育てる。
 
4 教えるプロとしての専門性と人間性を高め、授業と学級経営で勝負する。
  常に謙虚な姿勢で子どもや保護者から学び続ける。校内研究等を中心に互いの授業や学級経営を学び合い、切磋琢磨を図る。
   
5 家庭や地域に開かれ、地域との連携を深める学校
 学校協議会・学校関係者評価委員会・保健委員会・学校公開・行事等で家庭や地域に教育活動を公開・説明する。また、学校・保健だよりやホームページで等で教育活動を発信し、開かれた学校を一層推進する。同時に家庭や地域から評価をいただき、教育活動の改善に積極的に取り組む。
 
6 言語環境を整える
 言語に対する関心や理解を深める。教科「日本語」や「国語科」において暗唱、朗誦を取り入れ、日本語の美しさ・繊細さを音声言語にて会得させる。また、言語に関する関心・意欲を高め、言語を正しく理解し、用いる能力や態度を育成する。
 
7 健康で安全な学習環境
 心身の健康づくりと安全指導と安全管理を全ての教育活動の基盤として定期的・重点的な指導を行うとともに、自分の体に関心をもち、体力の向上に努めつつ安全への配慮ができる児童を育てる。また、教職員の危機意識を高めるとともに施設・設備・環境等に配慮した指導の工夫改善を行う。