『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

男子バレー第2ブロック大会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
本日、男子バレー部は芦花中学校で第2ブロック大会予選がありました。結果を報告します。

対 東山中・目黒十中 2-0 勝ち
対 緑丘中 0-2 負け

結果、Aリーグ2位となり、明日 成城中で行われる順位決定戦に臨みます。明日の上位7校は都大会に出場します。前回の地区大会での反省を生かして、とても素晴らしい試合が今日はできたので、明日もこの流れで、都大会への切符をチーム一丸となって掴みたいと思います。応援に来てくださった保護者のみなさん、卒業生のみなさん、ありがとうございました。

接戦をものに

相手の粘りに苦しんだ試合でしたが、
接戦をものにして、見事2ー0で勝ちました。
少ない部員ですが、チームワークも良く、
2セット目は自信溢れるプレーが随所に見られました。

応援いただいた皆様、
ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1セット先取

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
接戦でしたが、
何とか1セット取りました。
声もよく出ています。
気を抜かずに、頑張れ!!

男子バレーボール部 ブロック大会

画像1 画像1
画像2 画像2
本日、芦花中学校を会場に
ブロック大会が行われています。

これから試合が始まります。
相手は東山・目黒十中。
練習してきたことを信じて、ファイト!!

若葉の季節

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
こどもの日の今日。
ほとんどの部活動は春の大会が終わり、
砧中学校は静けさに包まれています。

体育館でバドミントン部が練習していました。
野球部は小金井で練習試合です。
バレー部は本日ブロック大会。

連休も残すところ二日となりました。

陸上競技部

画像1 画像1
画像2 画像2
陸上部

5月とは思えない暑さの中、第5回足立陸上競技大会が行われています。
5月18日に控えた地域別大会前最後の大会です。
それぞれがこの大会に参加する意味と、目標を決めて臨みます。
大学生や高校生も出場するので、
何かを学べればと思います。

応援のほど宜しくお願いいたします。

バドミントン、剣道部練習、稽古

画像1 画像1
画像2 画像2
連休後半、多くの部が活動中です。

『富岳の眺め』No.67 公開しました

画像1 画像1
平成を代表する応援ソング、
その歌詞に込められた思いについて
私なりの解釈を書いてみました。
「お知らせ・トピックス」から入り、
左欄「カテゴリ」から「校長室より」を開いて下さい。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.67

その歌を初めて耳にしたのは
1993年の運動会でのこと。
放送委員の生徒がBGMとして
繰り返し流していたのだ。
全力で走る生徒たちの姿と
歌詞の情景が重なり、
胸が熱くなったことを憶えている。

  負けないで もう少し
  最後まで  走り抜けて

その歌は ・・・
平成を代表する応援ソングと言われる
ZARD(ザード)の『負けないで』。

その年のヒット曲となったにも関わらず
テレビなどへの出演がほとんど無かったことで、
果たしてボーカルの女性シンガーは
本当に存在するのか、と言った
「都市伝説」が生まれることとなる。


  🏃‍♀️    🏃‍♀️    🏃‍♀️    🏃‍♀️


ZARDの155に及ぶ楽曲、
そのほとんどの歌詞を
ボーカルの坂井泉水が書いている。
彼女の残した直筆メモは500枚を越え、
曲にもっともふさわしい言葉を探し、
何度も何度も書き直した跡がうかがえる。

『負けないで』の歌詞もそう。
「目と目が合った様な」を「視線がぶつかる」へ
「あきらめないで」を「走り抜けて」へ
タイトルの『負けないで』も
元々は『あきらめないで』であったと言う。

織田哲郎のアップテンポな曲が
聞く者の心を沸き立たせることは言うまでもないが、
坂井泉水がもしも歌詞を書き直していなければ、
これほど多くの人たちから
支持される歌となっていたかどうか。

 
  🏃‍♂️    🏃‍♂️    🏃‍♂️    🏃‍♂️


見守ってくれる人なんていない、
この歌詞はきれい事だ、幻想だ、と言う人がいる。

しかし、私は別の見方をしている。

私が『負けないで』の中で
最も励まされるフレーズ。

  なにが起きたって ヘッチャラな顔して
  どうにかなるサと おどけてみせるの

そう、私はこの歌を
見守ってくれる誰かからの応援ではなく
自分に向けたメッセージとして受け止めている。
「負けないで」と繰り返すのは
他の誰でもない、自分の心の声なのである。

苦しいな、辛(つら)いな、と感じた時に
今の自分はヘッチャラな顔ができているだろうか
このフレーズを思い出しながら、
自分自身に何度も問いかけてきたように思う。
そしてまた、自分自身に言い聞かせてきた
「どうにかなるサ」と。

応援ソングには、
それぞれの解釈があっていいと思う。
またそれぞれの解釈があるからこそ
歌い継がれ、
誰かを励まし続けているのかもしれない。


2007年5月、
ボーカルの坂井泉水は永遠の存在となった。
「都市伝説」ではなく
本当の意味での「伝説」となったのである。


※参考; NHK BSプレミアム
    『ZARDよ永遠なれ
     坂井泉水の歌はこう生まれた』

悔しさをバネに

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
最後は突き放されてしまいました。
反省点も多い試合となりましたが、
このレベルを勝ち抜くために
何が必要かを考えさせられた試合でもありました。

選手のみなさん、お疲れ様でした。
そして、応援のみなさん
最後までありがとうございました。

厳しい試合展開

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
選手たちは全力を尽くしていますが、
現在まで10点差でリードされています。

まだまだです。諦めないで!

女子バスケ ブロック大会

世田谷学園を会場に
これから2回戦が始まります。
昨日の1回戦に勝ち上がり、
今日の相手は世田谷中です。

男子部員たちも応援に駆けつけてくれました。
間もなく試合開始です。
画像1 画像1
画像2 画像2

負けないで

画像1 画像1
画像2 画像2
連休も折り返し地点を過ぎました。
今朝も砧中では部活動の生徒たちが
練習に励んでいます。
 
今日も各地で大会が開かれています。
「追いかけて遥かな夢を・・・」
思わず応援ソングを口ずさんでいました。

花の生命

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2年生教室前の掲示板。
1年生の時に描いた作品が展示されています。
タイトルは『花の生命』。
花々の息吹きが感じられるこの季節、
廊下も華やいだ雰囲気です。

9日(木)からは学校公開が始まります。
3年生の修学旅行事前学習作品と合わせて(4/22up)
ご覧いただければと思います。

格技室では

画像1 画像1
画像2 画像2
女子バスケットボール部が練習です。
明日からブロック大会が始まります。
一戦一戦に持てる力を発揮できますように。

体育館では

画像1 画像1
画像2 画像2
男子バスケットボール部の練習が始まりました。
きびきびした動きで部員が汗を流しています。
1年生も一緒に練習に入っています。
先輩たちの早い動きに戸惑いながらも、
何とか付いていこうと頑張っています。

きっと1年後、2年後には
次の後輩たちのお手本となっていくことでしょう。

練習スタート!

画像1 画像1
グラウンド整備も終わり、
サッカー部の練習が始まりました。
コンディションは決して良好とは言えませんが、
部員たちは基礎トレーニングを繰り返しています。

「何となくやらないように」
顧問から指示が出されます。
ルーチンになりがちな基礎の動作、
その一つ一つの目的を考えながら
繰り返すことが大切ですね。
画像2 画像2

令和の幕開け

砧中学校、令和の幕開けは
サッカー部のグラウンド整備からです。
昨夜から降り続いた雨も今朝は上がり、
少し晴れ間が見えています。

顧問も一緒に作業しています。
次の試合に向けて、頑張ってください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「平成」に思いを寄せて (コラム欄)

画像1 画像1
「平成」が閉じようとしている今日、
今の思いを「コラム」に記してみました。
「お知らせ・トピックス」から入り、
左欄「カテゴリ」から「コラム」を開いて下さい。

「平成」に思いを寄せて

7日間で閉じた昭和64年。
1月8日から元号が「平成」となった。

3年生を学級担任していた当時、
冬休み明けの教室で生徒がこんな事を言った。
「貴族の時代に戻ったみたい」
「平安時代」をイメージしたのかもしれない。

今のような準備期間もないまま
その日から職員室では入試関係資料の元号を
平成元年に改める作業に追われることになった。

当時の生徒たちに話したことを憶えている。
「君たちが平成で最初の卒業生になるんだよ」
それでも多くの生徒がこう答えていた。
「昭和のままで卒業したい」
それほど「昭和」に慣れていたからであろう。

当時の私も生徒たちも
その後「平成」が31年まで続き、
ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊し、
ベルリンの壁が無くなることを
誰一人想像していなかった。
ネットを通じてあらゆる情報にアクセスでき、
店に行かなくても何でも買えるようになり、
スマホでいつでも世界とつながれることを
誰一人想像していなかった。

今、その生徒たちが社会の中心として
内外で活躍している。
まさに「平成」を支えた世代として。

今春、砧中学校を卒業していった生徒たち
そして今、在校している生徒たちが
次の時代を確実に担(にな)っていく。
「令和」を支える世代として。

「平成」に元号が変わったあの日、
私は職員室の隣に座る先輩教員に問いかけた。
「生徒の合格祈願に行ってもいいでしょうか?」
当時、世の中には自粛ムードが広がっていた。
先輩教員はこう答えてくれた。

「生徒のためにやれることは全てやる、
 それが教師だよ」と。

あの日40人ほどいた職員室、
今も現役でいるのは私を含めて3人だけである。
「全てやる」と答えてくれた先輩教員も
10年以上前に旅立たれた。

現在の砧中学校の職員室、
平成生まれの教職員がさらに増え、
その世代が今後の砧中学校を担おうとしている。

平成が終わろうとしている今朝、
ふと「バトンリレー」という言葉が脳裏に浮かんだ。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
行事予定
5/9
(木)
学校公開期間始
5/11
(土)
学校公開期間終