『お知らせ・トピックス』のコーナーでは、「今日のできごと」や「おしらせ」、「校長室より」など更新された順に砧中の様子を紹介しております。それぞれの記事をご覧になる場合には、左欄のカテゴリのタグから項目をお選び下さい。

校長室の窓から〜『富岳の眺め』No.70

「嵐山の竹が泣いています・・・」

一年前、京都の観光会社が
ネット上に被害を訴えた。

竹林で有名な京都・嵐山。
100本以上の竹に落書きが相次いで発見されたのだ。

数日前、私はその竹林の小径(こみち)を歩いてみた。
「幽玄(ゆうげん)」「雅(みやび)」
そんな言葉が似合う趣(おもむき)ある散策路。
遠い過去へとタイムスリップしたような感覚。
次世代へと引き継ぎたい景観である。

観光客の増加に比例して
マナー違反も増加しているという。
竹に刃物で自分の名前などを彫り、
それをSNSに投稿するというのだ。

知人に見せびらかしたいためだけの
視野の狭い自己主張。
長い歴史の中で受け継がれてきた自然美に対して、
悲しいまでの現代人の浅はかさである。


  🏞️    🏞️    🏞️    🏞️


高畑勲監督作品
映画『かぐや姫の物語』(2013年)。
水墨画と水彩画を融合させたような
不思議な魅力をもつアニメーション。

もちろん原作は日本最古の物語と言われる
『竹取物語』である。

映画では草や木、花が丁寧に表現され、
日本の自然の豊かさを味わうことができる。
この作品の中で、自然をいとおしみ、
自然と共に生きる人びとの姿が描かれている。
私たちの先人はそうやって自然の美を
時を超えて次世代へとつないできたのだ。

映画の主題歌である『いのちの記憶』
その歌詞の一節。

 いまのすべては 過去のすべて

今ある遺産は過去から引き継がれてきたもの。

映画のラストシーン。
月からの使者がかぐや姫に
汚れたこの地から月へ戻るようにと告げる。
しかしかぐや姫は
それを認めようとはしない。

「この地は汚れてなんかいないわ!
 この地に生きるものはみんな
 彩(いろどり)に満ちて!
 鳥、虫、けもの、草木花、人の情・・」

そう、かぐや姫は信じている。
この地に住む人の情は決して汚れていないと。

 
  🌿    🌿    🌿    🌿


竹林の小径を歩きながら、
ふと気がつくと『いのちの記憶』を口ずさんでいた。

 いまのすべては 過去のすべて

 いまのすべては 未来の希望 ・・・ 
画像1 画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
行事予定
5/29
(水)
3年振替休業日

学校だより

おしらせ

学校評価

年間指導計画