校長あいさつ

令和2年4月1日に着任いたしました、校長の 高山 知機(たかやま ともき) です。どうぞよろしくお願い申し上げます。前任の 楠美 利文 先生 の築かれた学校文化を継承しつつ、新たな発展をめざし、努力してまいります。 さて、昔から名乗る時「知る という字に キカイ の 機 です。」と申し上げると、「珍しいお名前ですね。」といわれることが多かったように思います。「キカイの 機」というと、マシーンの「機械」を連想されるようです。私の親は、チャンスの「機会」を「知る」、つまり「チャンスに強い男になれ」とういう願いを込めてつけたようです。実際チャンスに強いかどうかは別として、緑丘中学校との出会いが、私にとってのみならず、生徒・保護者、地域の皆様、さらに教職員すべての人たちにとってチャンスとなるよう、精一杯努めますので、何卒よろしくお願い申し上げます。  本校は、70年の歴史をもつ中学校です。この間、多くの有為な卒業生が輩出し、地域の皆様に支えられ、守られ、地域の子どもたちの夢を実現する中学校、なりたい自分になるための中学校、自己実現を図る教育の場としての中学校として、機能してまいりました。これからも、緑丘中学校の70有余年の歴史と伝統を大切にし、生徒・教職員がこれを受け継ぎ・引き渡していくという意識を持って、卒業した後も懐かしく思い出される中学校、社会人となった後も誇りに思える中学校、地域から大切にされ愛される中学校、の実現に努めてまいります。そのために、全教職員が協力し、創意・工夫を結集し、地域に信頼され、応援される学校づくりをめざしていく所存です。 緑丘中学校が、そのシンボルとも言える「欅の木」のごとく、生徒の夢を「大きく広げた枝葉のように」実現できる指導、実現するために生徒が「太い幹のように力強く」努力できるような教育、を行っていく学校になるよう、努めます。 今後ともご理解とご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

令和2年4月 校長 高山 知機

   

校長室からの最新記事

学校経営に関する文書

配布文書はありません。